自分好みにできる!リノベーションにかかる費用とは?

image

「新規に一戸建てを買うのは、予算オーバーだけど、家族のためにも家を持ちたい・・・。」そんな家主のために、一戸建てを買うより安く、マイホームを購入できる方法があります。それが、リノベーションです。リノベーションとは、古くなった中古の住宅を、現代風に住みやすく工夫して、住める家によみがえらせることを言います。

何をよみがえらせることで住める家にしていくかといいますと、具体的にはライフラインである水やガス、電気などの復旧工事や内装、外装の改修、間取りの変\r\n更などが主な作業になります。これらを自分好みに直したり変えたりすることで、元の家とは違う、自分オリジナルの家に作り替えることができるのです。

今回は、そんなリノベーションについて関わることを主にご紹介していきます。

リノベーションすることで、お得になる部分とは?

新規に一戸建てを購入するとなると、高くつくのが資産価値。しかし、家を買うといっても、中古住宅を購入するとなると、話は違ってきます。

中古住宅は、購入金額も安く、購入後の価格の下落が比較的緩やかです。したがって、リノベーション費用が掛かるといっても、新規に住宅を購入するのに比べて、資産の目減りも少なく、さらに元の中古住宅よりもリノベーションすることで価値は上がります。

image

また、リノベーションすることで、環境にも優しいことが見直されてきています。新規に住宅を建築することに比べて、リノベーションすることで、CO2の排出量や、廃棄物の発生も何十分の一に抑えられるといわれています。リノベーションとは、地球にも家主のお財布にも優しい工事方法なのです。

実際にリノベーションを行う場合、何から手をつければいいか?

では、実際にリノベーションを決意したとしましょう。しかし、「さあリノベーションをしよう、頼もう!」となっても、何から手をつけたらいいのか、いまいちわからない方が多いかとも思います。そういう場合のために、まず何をすべきなのかをご紹介します。

1.一番最初にすべきことは、不動産会社に行って、中古住宅の希望を伝えることです。立地や、一戸建てかマンションかなど、さまざまに希望はあるかと思います。そういうことを不動産会社に伝えたうえで、希望に合った物件を探してもらいましょう。

image

2.同時に、住宅ローンを組む際は、金融会社に相談に行くことが必要となります。中古住宅の購入の予算や、リノベーションに使う予算、住宅ローンの計画等を相談して、今後のことを話し合う必要があるのです。

3.実際に不動産会社に頼んでおいた希望に合った物件を見に行きましょう。物件を決めたら、建築会社の方と一緒に行って、リノベーションの計画を立てることがスタートします。

4.気に入った物件の購入手続きをし、リノベーションの相談を建築会社としたうえで、予算の話し合いが行われます。そうして設備や、間取り、建築会社へ支払う額が決まります。ここで、リノベーション費用も住宅ローンに組み込みたい場合は、精密な見積もり書も必要となってきます。

5.こうして、リノベーション工事が初めてスタートするのです。

実際にリノベーション工事を施した場合

それでは、実際にリノベーション工事をしたかたの例を挙げていきましょう。

例1)A社でリノベーション工事を施した場合
敷地面積:約65平方メートル
間取りの変化:3LDK→2LDK+WIC
工事内容:広いLDKの実現、ウォークインクローゼットの設置、壁面の塗装、対面キッチンの設置など
費用:約350万円

例2)B社でリノベーション工事を施した場合
区分:戸建て(二階建て)
築年数:30年
リフォーム部分:1階、2階、全面
工事内容:全面リノベーション
費用:約1600万円

image

例3)C社でリノベーション工事を施した場合
区分:戸建て(二階建て)
築年数:33年
工事内容:外壁・屋根の補強、給水、給湯管の引換、浴室、脱衣所のリフォーム、キッチンの交換、床修理、サッシ交換など
費用:約500万円

このように、リノベーションにかかる費用は、その人によりさまざまです。こだわればこだわるだけ高額にもなりますし、安価で済ませたいなら、必要最低限で済ませることもできます。

建築会社によって、定額のプラン等もありますので、各会社に問い合わせてみるのもいいかと思います。

例1)D社のリノベーション定額プランの概要
工事内容:給排水管変更や、電気配線更新、設備機器更新、間取り変更などの基礎工事や内装工事
工事に含まれるもの:システムキッチンやユニットバス、洗面化粧台、トイレなどの設備設置
費用:60平方メートルの場合約580万円

image

例2)E社のリノベーション定額プランの概要
工事内容:専用配管新設、玄関収納新設、網戸張替、床のバリアフリー工事(例外有)、キッチン、ユニットバス、洗面化粧台、シャワートイレ新設、壁、床、天井の新設など
オプション:部屋のスタイルが選べる
費用:60平方メートルまで一律約630万円

例3)F社のリノベーション定額プランの概要
工事内容:室内の全面塗装、電気工事、床工事、インテリア設置、クリーニングなど
工事に含まれないもの:壊れていない設備機器の取り換え
費用:3DKの場合約140万円

定額プランなら、お得な値段でリノベーションを施すことができるので、あまり費用もかけたくない方にはおすすめです。一方で、定額制のプランだと、自由がきかない場合もあります。自分がこだわりぬいてデザインした家にしたい場合は、定額制ではなくオーダーしたほうがいいです。

マンションと戸建てのリノベーションにおける違い

購入した物件が、マンションか戸建てかによってリノベーションも変わってきます。

image

特に購入した物件が中古マンションだった場合、戸建てとは違い自由がきかない場合があります。マンションはどうしても集合住宅なので、構造上できなかった り、管理組合の規定に合わなかったりして反対されてしまう場合もあります。購入後にそういったトラブルの内容に、マンションのリノベーションをする場合は きちんと調べてから実行に移しましょう。

まとめ

いかがでしたか?中古物件を再生利用するリノベーションは、新規購入よりも低価格で、自由に聞いた住宅を作ることができます。マイホームを購入しようとしている方も、リノベーション、ぜひ検討してみてください。

リノベーション工事をお得に行うには?

image

リノベーション工事を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上にリノベーション工事の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。