屋根工事 カバー工法 シングル材 リッジウェイ

お客さまのご要望

屋根の棟の浮きがあり、気になっていたが放置していたお客様でした。棟の浮きが既に入っている火災保険を使って修理できるとお伝えしました。
屋根に上がった際に屋根材の劣化が進んでいたことをご報告し、カバー工法をご提案し、ご依頼頂きました。

施工前

jirei_image49210

棟板金を近くから撮った写真になります。
この写真を見てわかるように棟板金が浮いてしまっているのが分かります。
お客様に「いつから浮いてしまっているのか」を確認したところわからないとのことだったので
なかなか気づくことが難しいのが放置されてしまう原因の1つかもしれませんね、、、

jirei_image49211

また、別の角度からの棟板金の浮きの写真になります。
よく見ると中に木材が入っているのが分かります。この木材を「貫板」と言います。
この貫板に釘を打ちつけ棟板金を固定しているのですが浮きを放置すると雨水が侵入し、木材を濡らしてします。
木材は濡れてしまうと釘が抜けやすくなってしまうので、棟板金の強度が低下してしまいます。
このぐらい浮いてしまっていると中の木材が腐って黒ぽく変色している可能性が高いです。

jirei_image49212

屋根材にスレート(コロニアル・カラーベスト)が使われている場合、重なりの部分が狭い空間となっているため、そこに雨水が吸い上げられる可能性があります。そのため、スレートの重なり部分には適切な隙間を設けてあげる必要があります。
スレートの屋根材は新築の場合、適切な隙間ができるよう設計されているので問題ないのですが、年数を重ねるごとに汚れが溜まったり、苔が生えてしまうとこの隙間は狭くなっていき、いわゆる毛細管現象が起こり、雨漏れの原因になります。
屋根にひび割れがなく、雨漏れを起こしてしまう原因の一つが毛細管現象です!
こちらのお客様の屋根も苔などが見られた為、放置してしまうと雨漏れになっていたかもしれません。

施工中

jirei_image49213

いよいよ、工事に入ります!
まずは棟板金の解体作業からです^ ^
木材が黒く変色しているのがわかると思います。
雨水が入り込み、木材を腐らせてしまったようです。

jirei_image49214

カバー工法なので名前の通り、既存の屋根の上にルーフィングを貼っていきます!
次はリッジウェイを貼り付けていきます!

jirei_image49215

リッジウェイの特徴は2つあります!
・リッジウェイの重量は瓦の約1/4、化粧スレートの約1/2と軽量のため、建物への負担が少なく耐震性に優れています。
・リッジウェイは柔らかく割れにくい素材ですので、踏み歩きや落下物等によって屋根材が割れるという心配は無用です。

施工後

jirei_image49216

リッジウェイを貼り付けた後、新しく棟板金をつけ完了になります^ ^

お客さまのご感想

火災保険を使ったことで自己負担が少なくリフォーム出来て良かったです。火災保険が使えることは知らなったので驚きました。
しっかりとサポートもして頂いたので難しい手続きもなくよかったです。

業者さんからひとこと

この度はありがとうございました。
無事に保険が認められよかったです。
まだ、火災保険がお家のメンテナンスに使えることの認知が低いので頑張ります!
また、何かお家の不具合がありましたらいつでもご連絡ください^ ^

施工データ

場所 神奈川県 平塚市
建物のタイプ 木造二階建て
築年数 約20年
施工箇所 屋根
価格 98万
施工期間 5日間

直接頼める業者さんに、匿名で見積もり依頼ができます!
あなたの依頼に対応できる業者さんが家仲間コムに続々参加中。