子供部屋リフォームで3人の子供のためのスペースを造りたい!アイデア4選をご紹介

女の子の子供部屋

子供部屋リフォームで3人の子供のためのスペースを造ってあげたいけど、そんな広さも部屋もない!とお悩みの方におすすめのリフォームアイデア4選をご紹介します。
実は、子供部屋や子供用スペースとしてリフォームできる空間は意外と多いんですよ!

子供部屋としてリフォームできるスペースは意外と多い

間取り図

お子様が3人いらっしゃる場合、子供部屋をリフォームするのも一苦労。
よほどの広いお宅でない限り、個別の子供部屋を造ることは難しいというご家庭も多いのではないでしょうか?

子供部屋にリフォームできるスペースはすでに部屋として完成しているところだけとは限りません。
例えば、廊下の一部・リビングの一部・押入れやクローゼット・吹き抜け部分など、スペースの一部を撤去や拡張したり増設することで新しい部屋を作り出すことが出来ます。

では、これらのスペースを活用して3人のお子様が使える子供部屋リフォームのアイデアを見てみましょう。

1. 廊下の一部を子供用スペースに

書斎

ご家庭の子育て方針にもよりますが、子供部屋は個室にしなければいけないというものでもありません。
家族とのコミュニケーションも取りつつプライベートな空間も設けられる、オープンタイプの子供用スペースを作ってみてはいかがでしょうか。
スペースを区切ってあげることで3人それぞれの空間が出来ます。

上記の写真のように、リビングと続きになっている廊下であれば家事をしながらお子様が勉強している様子が見えるので安心です。
子供たちは狭い空間が大好きですし、自分用スペースが確保されたこの空間にきっと喜んでくれることでしょう。

狭いスペースには昇降式収納棚がおすすめ

こちらはキッチンによく取り付けられる自動昇降式の収納棚ですが、廊下に勉強道具などを収納したい場合は、このような収納棚を活用してみてはいかがでしょうか。
取り付け時には、壁や天井の下地の強度に十分注意し必ず下地補強を行ってください。
オートダウンウォール|LIXIL出典:オートダウンウォール|LIXIL

下記リンクは廊下の収納スペースリフォームのアイデアですが、子供用スペースとしてアレンジする際の参考になります。
価格相場などとあわせてご参照ください。
参照:廊下収納スペースリフォームのアイデア5選!本棚からキャットウォークまで設置できます

足元が寒い時は床暖房を

床暖房でくつろぐネコ

もともと廊下には暖房設備を設置していないことが多いので、冬場は寒い場合もあるかもしれません。
予算に余裕があれば足元に床暖房を設置してあげるとさらに快適に過ごせます。
参照:床暖房リフォームの流れと施工例を調べてみました

2. リビングの一部を子供用スペースに

集中力が身につくといわれている「リビング学習法」を取り入れるご家庭も増えています。
住宅の中でもリビングは広めに作ってあることが多いのでリビングの一部を子供用スペースとしてリフォームしてみましょう。
個室の子供部屋を3つ作るためには広さが必要になりますが、勉強スペースや収納なら作ることができます。

市販のユニット畳を設けると、複雑な工事をせずにリビングと分けた空間を作ることができます。

廊下のリフォーム同様、3人それぞれの空間を区切ってあげることで一人ひとりの独立した場所を作ります。
また畳ユニットは中に収納することが出来るので、増えやすいお子様のおもちゃやスポーツ用品なども収納できます。

カーテンやパネルなどで部屋を間仕切ると、個室のようにも使うことが出来ます。
参照:部屋を間仕切りたい!部屋の間仕切り方法と間仕切りにかかる費用

3. 押入れやクローゼットを子供部屋に

image

押入れは間口も広く奥行きがあるので、子供部屋へのリフォームにぴったりと言えます。
クローゼットは押入れと比べるとやや狭くなりますが、まだ小さいお子様であれば十分子供部屋として有効活用できるでしょう。

ベッドを3台置くためには広いスペースが必要になりますが、壁面に収納できるタイプのベッドを設置すれば狭いスペースの中でも3人それぞれの睡眠空間が出来上がります。

4. 吹き抜け部分を子供部屋に

吹き抜け

吹き抜けのある住宅は明るく開放感があるので人気ですが、その吹き抜け部分に床を増設し子供部屋としてリフォームすることが出来ます。

広さによっては、3人それぞれに個別の子供部屋を造ってあげられる場合もあります。

成長に合わせたリフォームプラン

勉強中の女子高校生

子供部屋リフォームをするにあたり考えておかなければいけないことは、お子様の成長です。
いつまでも小さくてかわいいままでいてほしいという親御さんの願いもむなしく、子供たちはどんどん成長していきます。

また、3人のお子様の年齢差や性別も考慮しなければいけない点です。
思春期に入る前には男女別にしたほうがいいのか、年齢が離れたご兄弟であれば別々の子供部屋を与えたほうがよいのかなど、長期的な視点で子供部屋のリフォームプランを検討しましょう。

プロにアイデアをもらおう!

リフォーム相談業者

大人の居室と違って子供部屋の在り方は成長に伴い変化していくものです。
子供部屋リフォームを検討する際には、様々な施工例と実績のある業者に相談してプロのアイデアを参考にしてみてはいかがでしょうか。
見積もりは無料ですので、多くの業者に依頼してみるとご家庭にピッタリの子供部屋リフォームプランが見つかりやすくなりますよ!

image

子供部屋リフォーム業者を一括見積り!

見積もり相談

子供部屋リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください