和式トイレを洋式リフォーム!トイレリフォームの価格は?

和式トイレを洋式トイレへのリフォームとは?

image

トイレリフォームは住まいのリフォームの中でも、最も需要の多いリフォームのうちの一つです。
築数十年経っている住宅では、トイレが和式トイレである場合が多いでしょう。和式トイレは、体に大きな負担がかかります。特にお年寄りには和式トイレで用を足すのは腰や膝に負担がかかります。そのため近年、和式トイレから洋式トイレへのリフォーム需要が拡大しています。
トイレは一日に何度も利用する場所です。トイレリフォームをして、トイレを快適にしましょう。

この記事では数社のリフォーム会社さんを対象に、実際の和式トイレから洋式トイレへ変更するトイレリフォームの価格を調査してみました。
実際のトイレリフォームの価格はどの位なのでしょうか?

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム価格は?

和式トイレから洋式トイレへのリフォームは便器の交換だけではなく大工工事や、壁や床の張替えや、電気工事なども必要な場合があります。
既存トイレのリフォームの中でも、比較的価格が高くなるリフォームです。
本記事の価格は個別ケースのトイレリフォーム価格です。状況などによりトイレリフォームの価格は変わります。

■トイレリフォームのリフォーム価格分布(商品代+施工費)

image

和式トイレから洋式トイレの変更のトイレリフォームの価格は、25万円〜40万円のくらいの場合が73.3%を占めています。価格が40万円以上のトイレリフォームは、タンクレストイレなど上級グレードの便器を採用したり、トイレの中に手洗い設備を設置している場合となっています。
一般的な中級グレードの便器とウォシュレットを設置するトイレリフォームの価格は40万円弱となりそうです。

■トイレリフォームに使われた便器などの商品代の価格分布

image

和式から洋式への変更トイレリフォームに使用された、トイレリフォームごとの便器や便座、ウォシュレットやペーパーホルダーなどのリフォーム材料(商品)価格の合計の棒グラフです。
約80%でトイレリフォーム材料価格は20万円以内となっています。
10万円以内のリフォーム材料は、スタンダードな便器に通常の便座をセットした価格となっています。
10万円〜20万円のリフォーム材料は、便器にウォシュレットを取り付けるとこの価格帯になります。
20万円以上のリフォーム材料は、上級グレードの便器などを設置した場合となります。

imageTOTO株式会社 ネオレストハイブリッドシリーズ

便器の商品割引率は、多くのリフォーム業者さんで、便器が30%〜50%引き。ウォシュレットやペーパーホルダーなどは、20%〜40%引きとなっていました。

■トイレの価格と機能

価格帯代表的な機能
10万円前後特になし
10~20万円ウォシュレット、脱臭機能
20万円以上タンクレス、自動開閉、自動洗浄、節水

■トイレリフォームの施工費の価格分布

image

和式から洋式トイレへ変更するリフォーム際の施工価格(工事代)です。トイレリフォームの施工価格の70%強が、15万円〜25万円でした。

■トイレリフォーム施工価格例

某リフォーム会社さんの基本施工価格の内訳は以下となっています。

解体処分30,000円
大工工事35,000円
壁床工事40,000円
便器取り付け40,000円
電気工事28,000円
諸経費用20,000円
合計193,000円

■トイレリフォーム価格の商品代と施工費の価格比率

image

左の円グラフは、和式トイレから洋式トイレへの変更リフォームの商品価格と施工価格の比率の平均です。
リフォーム価格のうち、約40%が便器や便座などの商品価格で、残り約60%が解体や便器取り付けなどの施工価格となっています。

↓近所の水まわりリフォーム業者さんに匿名で見積もり依頼できる!
近所の直接頼める業者さん検索 「家仲間コム」>>

本記事の調査対象のリフォーム業者さんエリア
東京都世田谷区、神奈川県川崎市、神奈川県横浜市、静岡県静岡市、
大阪府大阪市、兵庫県神戸市、福岡県福岡市

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。