和式トイレから洋式にリフォームしたい!工事費用やポイントを徹底解説

image

最近は一般家庭において洋式トイレが一般的に使われるようになっていますが、なかにはまだ家のトイレが和式であるという人も少なくはないかもしれません。古くから日本で親しまれている和式トイレですが、日常生活のなかで使用するとなると不自由さを感じることも多く、洋式トイレへのリフォームを検討する人も多いようです。

そこで今回は、和式トイレから洋式トイレへリフォームする際に、気になる工事費用やリフォームのポイントなどを詳しく紹介していきたいと思います。どんなリフォームになるのか、その工事内容も併せてみていきますので、ぜひ参考にしてください。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム、その工事内容とは

image

同じトイレと言えど、和式と洋式ではかなり仕様が異なりますよね。最近は和式トイレを利用する際、しゃがんだり立ったりすることで足腰が鍛えられるので、健康効果があるとも言われていますが、足腰が悪かったり、お年寄りの方が利用したりする場合は、なかなか抵抗があるうえ不自由に感じるのではないでしょうか。

まずは、和式トイレから洋式トイレにリフォームする際にどんな工事内容になるのか、具体的に見ていきましょう。洋式トイレから洋式トイレにリフォームするときに比べて、和式トイレから洋式トイレへのリフォームは費用も手間もかかります。というのも、和式トイレから洋式トイレへリフォームする際は、和式トイレを撤去し、その周囲の壁や床も一部解体する必要があるのです。

和式トイレは床に埋め込むように設置されているので、撤去する際に床を解体するのは当然と言えば当然のことですよね。また、その際タンクも撤去することになるので、壁も一部解体することになります。その上、和式トイレの時に使っていた給水管や排水管は、位置を調整する必要が出てきます。特に和式トイレの時にタンクがコーナーに設置されていた場合は、給水管を移設することが多いようです。そのほか、洋式トイレへとリフォームする際は、ほとんどが水道工事や電気工事を必要とします。そのため、実は和式トイレから洋式トイレへとリフォームする際、便器などの機器の料金よりも、工事費の方が費用がかさむと言われています。

image

・工事がプラスされることも

和式トイレから洋式トイレへとリフォームする際、既存の和式トイレの撤去や水道工事、電気工事のほかに、工事がプラスされることがあります。例えばトイレの床に段差がある場合、別途床の段差を取り除く工事が必要となります。と言うのも、洋式トイレに段差は必要がないですし、設置の際に邪魔になる要素でもありますよね。そもそも和式トイレと比べて、洋式トイレはある程度スペースを必要とします。通常はほかの部屋と比べてトイレはただでさえ狭いスペースですし、洋式トイレは和式トイレよりも大きいため、十分なスペースを確保する必要があるのです。

そのためには、床の段差を取り壊し、下地補修工事をすることが求められます。そのほか、和式トイレの時は必要なかったコンセントも、ウォシュレット付きや暖房付き洋式トイレには必要になりますので、コンセントの新設費用がかかることもあります。コンセントの新設に関しては、価格相場は1万円程度であると言えます。

また、和式トイレの場合、床や壁がタイル張りになっているところは多いですよね。そのため、洋式トイレへとリフォームする際に、床や壁などの内装工事も一緒に行いたいという人も多いようです。例えば床を、水にも強いフローリングやクッションフロアへと変えたり、壁紙を張ったりと、内装工事もいろいろなバリエーションがありますので、ぜひトイレを一新する際には検討してみてください。

和式トイレから洋式トイレへリフォームする際のポイント

image

続いては、和式トイレから洋式トイレへリフォームする際に知っておきたいポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

・手軽にリフォームするなら「簡易設置型トイレ」がおすすめ

ここまで見てきてもわかるように、和式トイレから洋式トイレへとリフォームするには、手間も費用もある程度はかかります。また、洋式トイレと言ってもいろいろなものがありますが、新式のものの場合30万円を超える商品もありますし、そうでなくても平均して10~15万円程度にはなりますので、決して安価な買い物であるとは言えませんよね。また、先ほど紹介した通り、和式トイレから洋式トイレへのリフォームは、既存の和式トイレの撤去、壁・床の解体、電気工事、水道工事など、かなり大掛かりなものとなりますので、工事費用もかなり掛かると言われています。

一方で、「あまり費用はかけたくないけど、どうしても洋式トイレにしたい」というひとにおすすめなリフォームもあります。それが、「簡易設置型トイレ」の取り付けです。簡易設置型トイレとは、既存の和式トイレの上から取り付ける洋式トイレのことをいいます。この場合、既存の和式トイレを取り壊す必要も、壁や床を解体する必要もありませんので、工事費がかからないというメリットがあります。

image

また、簡易設置型トイレは、既存の和式トイレの床に段差があっても段差がなくても設置することができます。段差がある場合は「両用式」と呼ばれる、段差を利用して腰掛けるタイプのものとなりますし、段差がない場合は「据え置き型」と呼ばれる、洋式トイレの形をしたものを取り付けることが可能なのです。

・工事費用を抑えたいのなら

和式トイレから洋式トイレへリフォームする場合、18~30万円が価格相場と考えられます。一方で、最新式のタンクレストイレなどを導入する場合は、費用が50万円を超えることもあるので、もし検討しているのなら念頭に置いておいてください。一方で、できるだけリフォームの費用を抑えたいのなら、洋式トイレを上手に選んでみてはいかがでしょうか。先ほども紹介した通り、タンクレストイレや最新設備を搭載したトイレは値段が高めに設定されています。一方で、型落ちのものなどは値下がりしているものが多いので、ねらい目かもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?和式トイレから洋式トイレへリフォームする際は、まずは業者の方に見積もりを出してもらうことをおすすめします。その際、複数の業者に見積もりを依頼すると、価格を比較できますし、メリットも多いと思います。ぜひ参考にしてください。

和式トイレから洋式リフォームをお得に行うには?

image

和式トイレから洋式リフォームを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に和式トイレから洋式リフォームの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。