地下室でできる5つのカビ対策

カビの生えた部屋の隅

住宅に地下室があるご家庭で、カビに悩まされている人が少なくありません。
湿度の高い日本では完全にカビの発生を防ぐ方法はありませんが、建築段階でカビ対策を施せばかなりの効果があります。
では、すでにカビが発生してしまった場合はどんな対策があるのでしょうか?
今回は、地下室のカビ対策を5つご紹介します。
合わせて価格相場もお伝えしますので、カビ対策でお困りの方は早めに対処してくださいね。

地下室にカビが発生する原因

地下室にカビが発生する原因で最も多いのが、結露によるものです。
地下室は鉄筋コンクリート造りで、外気温よりも室温が下がります。
外気温と室内温度の差により結露が発生するのです。

窓の結露カビが発生する原因は結露

地下室を造る際は、断熱対策防水対策を施しておくことが必須なのですが、なかには業者から必要ないと言われた方や予算の関係で工事せずに建ててしまった方もいらっしゃいます。

カビが発生しやすい場所

地下室の中で最もカビが発生しやすい場所は、湿気の溜まりやすい膝下付近です。
膝下付近でも、空気が循環しにくい隅の方からカビが発生しはじめます。

地下室のカビ対策

地下室にカビが発生してしまった場合のカビ対策をご紹介します。
一度カビが発生するとどんどん広がっていきますので、早めの対策が肝心です。

1. カビを除去する

すでにカビが発生している場合は、まずはカビを除去しなくてはいけません。
カビの除去に使われる薬剤は、密室で使用すると人体に悪影響なこともあるため取扱いには注意が必要です。
窓や換気システムのない地下室でご自身でのカビ除去作業は危険ですので、プロのハウスクリーニング業者に依頼しましょう。

ハウスクリーニング業者にカビ除去を依頼した場合の価格相場は、1,200円~(1㎡辺り)です。

カビ除去を行っているハウスクリーニング業者の一部をご紹介しますので、費用などを問い合わせてみてください。

抗菌・防カビ・防藻専門|クリーン・アート
カビ対策セット|クリーンクルー
カビ・あく抜き・漂白|おそうじ大使

カビ除去クリーニングは少し高額になりますが、カビは市販の洗剤では完全に除去することが難しいため、プロの手で完全除去してもらうほうが長い目で見るとお得です。

2. 防カビ対策をする

カビを除去出来たら、再発させないためにも防カビ対策をしておきましょう。
カビ除去を行っている業者は防カビ対策もセットで行っていることが多いので、見積もりを出してもらうと良いですね。

打ち合わせ複数の業者に見積もり依頼をしましょう

3. 除湿をする

地下室には湿気が溜まりやすいので、除湿機の使用がおすすめです。
出来るだけ24時間稼働させておくことで、地下室内の湿度を快適に保つことが出来ます。
三菱 衣類乾燥除湿機出典:三菱衣類乾燥除湿機|Amazon
商品価格:37,800円
・排水の手間が少ない4.7L大容量タンク
・消費電力が小さく電気代が安い
・広い部屋でもすばやく除湿が可能なハイパワー除湿

換気だけじゃだめなの?

24時間換気システムを設置したり窓を設けている地下室もありますが、外気温が上がる夏場は換気システムの使用や窓を開けての換気はしないほうが良いという意見があります。

どちらも外の空気を室内に取り入れて室内の空気を外に出すので、夏場の湿度の高い外気を取り入れてしまい余計に結露が発生しやすくなってしまうからです。

空気を循環させたい場合は、サーキュレーターやエアコンの送風機能を使うと良いでしょう。
アイリスオーヤマ 静音サーキュレーター 首振り|Amazon
出典:アイリスオーヤマ 静音サーキュレーター 首振り|Amazon
商品価格:7,838円
・適応畳数:~14畳
・左右に45度ずつ動く自動首ふり
・3段階の風量調整

4. 結露防止塗料を塗布する

除湿機を使用して結露対策を行いつつ、地下室の壁や天井に結露防止塗料を塗布する方法もあります。

ノン結露|ガイナ出典:ノン結露|ガイナ
商品価格:8,000円(1㎡あたり)

塗装リフォームを行っている業者一覧です。
お住まいの地域で検索することも可能ですのでどうぞご利用ください。
塗装リフォーム業者一覧|家仲間コム

5. 断熱リフォームをする

コンクリートの上から天井材や壁材・床材を張っている場合は、すべてはがしてコンクリートの躯体(くたい)が出る状態にします。
カビの除去を行い防カビ対策を施した後、断熱材を敷き詰めます。
そして内装材で仕上げて完成です。

地下室の断熱リフォームの価格相場は一坪あたり6.4万円~6.8万円ですので、10帖の地下室の断熱リフォームをした場合、32万円~34万円かかることになります。

建築時のカビ対策はしっかり行いましょう

地下室の用途によって結露が発生しやすくなることもありますので、出来るだけ水分が発生するような使い方をしないことも大切です。

・居室や趣味のスペースなど長時間人が利用すること
・洗濯物を干す
・書類や衣類などを保管する

これらの使用法は、結露が発生しやすくなるとともにカビが発生した場合の被害も大きくなりますので、建築段階から用途が決まっている場合はしっかりカビの発生を抑制する断熱対策を施しておきましょう!

image

地下室のカビ対策リフォーム業者を一括見積り!

パソコンを見る女性

地下室のカビ対策リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。