床下浸水後に最優先で行うべき、3つの対処法

床下浸水ゲリラ豪雨による床下浸水

昨今の集中豪雨による、床下浸水被害のニュースが毎年のように報道されています。
いざ被害に遭っても、どう対処してよいのか分からないという方が多いのではないでしょうか?
床下浸水に遭ったら早急に3つの対処が必要です。

床下浸水とは?

床下浸水とは床上浸水に至らない程度に浸水した状態のことを言います。
具体的には地面より上で、住宅のコンクリートの土台(基礎)にまで水が至った状態のことを指します。

床上まで浸水していないとはいえ床下は住宅の基礎部分であり、耐用年数にも大きく影響します。

床下浸水した場合に最優先で行う3つのこと

床下浸水してしまった場合、これからどうすればいいのか茫然としてしまうかもしれませんが、出来るだけ迅速に対処することが大切です。

1. 排水
2. 乾燥
3. 消毒

この3つを最優先で行うことが家屋のダメージを最小限に抑えるポイントです。

1. 排水をする

床下浸水をした場合は、雨水だけでなく泥や汚水などが混ざった汚れた水がたまっています。

床下には配管や断熱材などがあり、水に濡れることで錆びたりカビたりして傷んでしまうので、出来るだけ早く水を抜きます。

床板や畳をはずし、床下が見える状態にして作業をしやすくします。
床板をはずす作業は大変なので、業者に依頼することもご検討ください。
業者に依頼した場合の価格相場については後ほどご説明します。

水量が少なければバケツで水を汲み出すことも可能ですが、水量が多い場合は、工事用排水ポンプを使うと早くて便利です。
リョービ販売 水中汚水ポンプ出典:リョービ販売 水中汚水ポンプ
商品価格:10,800円

泥水の場合は、泥も一緒にかきだす必要があります。
泥が残っていると匂いの元になりますので大変な作業ですが、ちりとりやほうき、スコップを使って隅々まで出来る限り取り除いてください。

ある程度排水が出来たら、真水で洗い流して再度排水し、泥や汚れがとれるまでこの作業を繰り返します。
最後は雑巾やスポンジを使って残った水分を拭き取ります。

時々、排水をしてしばらく経つとどこからかまた水が溜まってくることがあります。
その場合は水漏れしている場所を突き止め、外部を土嚢などで堰き止めてからパテで水漏れ箇所の穴埋めをします。

2. 乾燥させる

排水が出来たら、次は乾燥させます。
小型の扇風機などで風を送り込むと、早く乾燥させることが出来ます。

山善|工業扇風機 (床置き式)出典:山善|工業扇風機 (床置き式)|Amazon
商品価格:8,785円

季節や天候によっては、充分乾燥するまでに1週間以上かかることもあり、大変時間がかかります。
ですが、生乾きのままだと、カビが発生したり匂いの原因にもなるため、根気よく乾燥させましょう。

乾かす際は、温風ではなく送風にします。
温風で乾かす方が早い気がしますが、木材が反ったり伸縮してしまう可能性があり、また、配管が熱くなって火災の危険性もあるためです。

3. 消毒をする

最後に床下浸水の対処で大切なことは、消毒です。
雨水だったら消毒しなくても大丈夫では?と思われるかもしれませんが、床下浸水した水には、雨水だけでなく汚水や下水が混ざっているため雑菌が繁殖し、感染症の原因にもなるのです。

※床下の消毒が必要かどうかについては、浸水した地域や周辺の環境による水質の違いや、住宅の構造によって必要かどうかが変わります。詳しくはお住まいの各市町村や信頼のおける業者に相談してください。

床下への消毒に主に使われる消毒剤は、消石灰(しょうせっかい)です。
粉末のまま、1㎡あたり1kgを目安に散布します。
散布する際は、たくさんまけばいいというものではなく、数ミリ程度の厚さで全体的に行き渡るようにまきます。
水酸化カルシウム(消石灰)出典:水酸化カルシウム(消石灰)|Amazon
商品価格:1,300円

目に入ると失明の恐れもあるので、散布する際は手袋・マスク・ゴーグルを装着し、散布後は手洗いうがいをしましょう。

消毒剤は市町村で配布してくれることが多いので問い合わせてみましょう。

床下浸水の対処を業者に依頼した場合

ご高齢者の方などはご自身での対処が難しいこともあります。
その場合は、まずはお住まいの市町村へ作業してもらえるかどうか問い合わせてみましょう。
すべての作業支援は難しくても、排水だけ、または消毒作業だけでも行ってくれる場合もあります。

業者と相談中

業者に依頼した場合はいくらぐらいかかるのでしょうか?
床下浸水の対処作業は、手間と日数がかかるため、費用は数十万円かかることが多いです。

床下浸水の対処と同時に、床下の断熱材リフォームやシロアリ駆除、カビ対策などと合わせて点検施工してもらうと、費用はアップしますが将来的にも安心です。

過去の見積もり事例

床下浸水からの復旧、防カビ対策および断熱材リフォーム
築8年、木造三階建て。
ゲリラ豪雨により床下浸水され、カビの臭いがひどく、ご自身での乾燥作業がはかどらないため作業をお願いしたい、とのことです。

価格相場は、21万円~25万円
排水、乾燥、防カビ対策、断熱材リフォームなどが含まれます。

過去の施工事例

台風による大雨の影響で床下に水が浸水してしまったため、水抜きをお願いしたい、というご依頼での施工事例です。
施工業者 : ホームリフレッシュ”ALPHAN” 
ウッドバキュームでの排水作業、送風機での乾燥を行いました。

お住まいの地域のハザードマップ

床下浸水の被害に遭ったら、早急な対処をすることが大切です。
お住まいの地域が、どの程度床下浸水が起こりやすいかを知っておくことで、事前の対策も出来ますし、業者も調べておくことが出来て安心です。

image

床下浸水に対処できる業者を一括見積り!

PCと女性

床下浸水に対処できる業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。