お得に安くリフォームをしよう!リフォームの補助金や補助制度を徹底解説!

image

住まいを長持ちさせたり、利便性を向上させるためにはリフォームは有効な手段です。
しかしリフォーム工事にはまとまった費用が必要となってきます。
そんな時に、リフォームに対する補助制度を知っておけば、工事に掛かる費用負担を軽減することが出来ます。
とはいえ補助制度って何があるのかよく分かりませんよね。
今回は補助制度の探し方や補助金の内容をご紹介していきます。
賢く利用して、お得なリフォーム工事をかなえていきましょう。

1.地方自治体の補助制度を検索してみよう!

image

地方自治体のリフォームに関する補助制度は一般社団法人リフォーム推進協議会のHPで検索することが出来ます。
まずはこちらでお住まいの地域の補助制度を調べてみましょう。
「地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索サイト」

image

例えばこのページで下記の条件で検索すると66件が検出されます。

地域:神奈川県
支援分類:耐震化
支援方法:補助

image

制度名をクリックすると詳細をみることが出来ます。↓↓↓

image

2.民間賃貸住宅向けのリフォーム補助について

image

一般住宅ではなく、賃貸住宅の所有者の方に対する補助制度も存在します。
リフォーム後に高齢者世帯や子育て世帯の入居を拒まないこと等を条件として、空家のある住宅のリフォームの補助を実施しています。

「民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業」
対象となる住宅やリフォーム工事、工事後の賃貸住宅管理の要件は以下の通りです。

1.住宅の要件
・1戸以上の空家があること
・空家について、原則床面積が25㎡以上であり、キッチン、トイレ、浴室、洗面、収納があること

2.リフォーム工事の要件
・リフォーム工事の中で、耐震改修、バリアフリー改修、省エネルギー改修のいずれかの工事を実施すること

3.工事後の賃貸住宅の管理要件
・高齢者世帯や子育て世代の入居を拒まないこと
・リフォーム後の家賃について都道府県ごとに定められた上限を超えないこと

詳細については国交省のHPに記載してあります。
民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業について

3.住宅の長寿命化のためのリフォーム支援制度

image

住宅の長寿命化を促進するための支援制度です。
要件に当てはまる場合に補助を受けることが出来ます。

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」

1.事業要件
・リフォーム工事前にインスペクションを行い、工事後に維持保全計画を作成すること
・住宅の性能向上のためのリフォーム工事を行うこと
・工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を満たすこと

2.補助対象費用
・耐震性、劣化対策、省エネ等の住宅性能向上のための工事
・上記以外の住宅性の向上に資する工事
・インスペクションの実施、住宅リフォームの履歴情報や維持保全計画の作成に要する費用等

4.節電対策のための補助制度

image

節電のためにHEMS機器や蓄電池の導入が補助される制度があります。
導入を考えている場合は要チェックです。

1.HEMS機器導入支援
制度名:住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金
概要:HEMS機器を導入する個人に対して設備費用の一部を補助
補助額:定率1/3(1万円~7万円)
詳細

2.蓄電池導入支援
制度名:定置用リチウム蓄電池導入支援事業費補助金
概要:補助大正として指定された蓄電システムの導入に対し機器の費用の一部を補助
補助額:蓄電システム購入金額と機器ごとに定められた目標価格との差額の2/3以内
詳細

5.介護のための住宅改修補助

image

バリアフリー工事など、要件に当てはまる場合に住宅改修の補助を受けることが出来ます。

制度名:介護保険法に基づく住宅改修費の支給
概要:住宅に対する要介護及び要支援の認定を受けた者の一定の住宅改修に対して支給
補助額:各20万円まで
問い合わせ先:お住まいの各市区町村

image

リフォーム工事の匿名見積もりが可能

image

リフォーム工事をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、リフォーム工事に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。