シューズクローク収納でスッキリした玄関を叶えよう!

玄関の靴収納

シューズクロークは玄関に設置する靴の収納スペースですが、靴箱を購入するよりもずっと使いやすく新築時に造っておくと便利な設備の一つです。
リフォームで後付けもできますので、玄関の靴収納にお悩みの方はご検討されてみてはいかがでしょうか。
今回は、シューズクローク収納のメリットや設置費用、あると便利なシューズクロークの設備について解説します。

シューズクロークとは?

シューズクローク

シューズクロークとは、玄関で靴を脱ぐ前に入ることのできる収納のことを言い、靴だけでなく外出に必要なものをいろいろと収納できるスペースです。

「シューズインクローゼット」とも呼ばれることがあります。

昔の住宅ではシューズクロークはあまり見かけることがありませんでしたが、近年の新築住宅やマンションなどではよく見られるようになりました。

シューズクロークは玄関収納に最適!

シューズクロークは靴だけでなく、あらゆる収納スペースとして活用できます。

玄関土間にあるオープンシューズクローク

シューズクロークに収納するものの一例は下記です。

・靴
・傘
・アウトドアグッズ
・スポーツ用品
・ベビーカー
・ショッピングカート
・コートなど羽織りもの
・帽子
・自転車
など

外出する際に使うものをシューズクロークに収納しておくと、効率的にお出かけの準備をすることができ、帰宅時にも室内に持ち込まずに済みます。

冬から春先にかけてツライ花粉症の方でも、花粉がついた衣類を室内にできるだけ持ち込まずに済むので花粉対策としても有効です。

1. 玄関がスッキリと片付く

シューズクロークのメリットは、玄関がスッキリと片付くことです。

訪問客があった時に最初に目にする玄関は綺麗に掃除がされて靴もしまってある状態が理想。

ですが、実際には家族分の出しっぱなしの靴、泥がついた三和土などお世辞にも綺麗とは言いづらい玄関も少なくありません。

靴や自転車が出たままの玄関

シューズクロークは壁面いっぱいの大容量サイズを造ることで、家族分すべての靴を収納でき、「玄関のたたきに靴が出ている」という状態から脱することができます。

2. 玄関の掃除がしやすくなる

玄関に靴が出ていないとたたきの掃除がとても楽になります。

靴が出しっぱなしになっているからこそ掃除ができずに、いつも汚れた玄関になってしまうのです。

3. 靴などの管理がしやすい

靴箱の収納された靴

持っている靴の量に合わない収納では最終的にどうしてもギュウギュウに詰め込んでしまうことになり、どこに何があるのか把握ができなくなってしまいます。

大容量のシューズクロークがあれば、靴の管理だけでなく収納するものごとにスペースを分けておけば、所有している物の管理がしやすくなります。

きちんと収納されたものはお手入れもするようになりますし、丁寧に扱おうという心理につながります。

シューズクロークの設置費用目安

電卓と設計図

シューズクロークの設置費用は、造作をしても大きな費用がかからない点も魅力です。

物を置くための棚と柱があればできるのでDIYが得意な方は、手間と時間はかかりますが材料費だけで造ることができるでしょう。

耐荷重なども考えてきっちり造りたい場合には、やはり業者に依頼したほうが綺麗に仕上がります。

リフォーム内容費用目安
1帖~3帖程度のシューズクローク約5万円~30万円
可動棚の設置約4.5万円~
パイプハンガーの設置約1万円~
照明設置
(コンセント新設や電気配線工事)
約3万円~
姿見の設置約1万円~

シューズクロークは棚のみの簡易的なタイプから、ウォークインクローゼットのようにしっかりした収納スペースまで幅広いため、費用にも差があります。

シューズクロークを作る際に押さえておきたいのポイント

シューズクロークの設置スペースによってはもう少し費用も安く抑えることができますが、床材やな内壁材・照明などにこだわるとデザインや材質部分に費用がかかります。

シューズクロークを造る際には下記の点を抑えておきましょう。

・棚は可動棚が便利
・コンセントがあると匂い対策に便利
・人感センサー付き照明が便利
・掃除がしやすい土間やタイルが便利
・扉は見えるか見えないかで設置を決める

1. 棚は可動棚が便利

可動棚のシューズクローク

棚はできれば可動棚にしておくと、ブーツやハイカットスニーカー・ハイヒールなどの収納時に棚の高さを変えられて便利です。

固定棚は何を基準に高さを固定するのか、やはり収納する段階になって高さが足りない、もしくは余ってしまうということもよくありますよね。

家の中のどの棚でも、できれば可動棚にしておいたほうが使い勝手が良くなります。

2. コンセントがあると匂い対策に便利

靴は汗をかいたり土などがつくことがあり、雑菌が繁殖しやすく匂いが発生することがあります。

靴箱を開けた時の匂いは、あまり好ましい匂いではありませんよね。

2-1. 靴の匂い対策|乾燥

タイル土間玄関と靴

靴の匂いの原因は、主に足からの汗による雑菌の繁殖です。

雑菌はカビなどと同じように、湿度と温度が高い状態を好んで繁殖しますので、まずは乾燥させることが大切です。

シューズクロークにコンセントを増設しておくと、除湿機などを使いたい場合に便利です。

靴のカビ防止にも役立ちます。

2-2. 靴の匂い対策|足そのものも清潔に

靴の匂いの原因となる足そのものも清潔にしておきましょう。

指と指の間は綺麗に洗っている方も、爪の間は忘れがちではないでしょうか?

お風呂上りの足元

爪は伸びすぎないよう定期的にカットし、爪の間は爪ブラシなどで洗っておくのもおすすめ。

爪の間って、ネイルをされる方なら経験があると思いますが意外と匂うんですよ!

3. 人感センサー付き照明が便利

玄関から帰ってきて荷物を持った状態では、電気をつけるのも一苦労。

人の動きをセンサーで感知して自動点灯する人感センサー付き照明がおすすめです。

電気工事をしなくても置き型タイプをいくつか置いておくだけでも十分です。

明暗人感付センサーライト|ニトリ
出典:明暗人感付センサーライト|ニトリ
商品価格:2,769円~

簡易の人感センサー付き照明はワット数が低くて明るさが足りないこともありますので、その場合は照明工事をして明るい照明を設置したほうが見やすいでしょう。

4. 掃除がしやすい土間やタイルが便利

靴のまま移動するシューズクロークの床は掃除がしやすい土間やタイルがおすすめです。

どちらも水拭きができますので、汚れが落ちにくい場合には中性洗剤を使用することができます。

タイルを使用したほうが見た目に高級感が出ておしゃれなので、予算と合わせて検討してみてくださいね。

5. 扉は見えるか見えないかで設置を決める

シューズクロークで悩むポイントが「扉をつけるかつけないか」という点ではないでしょうか。

扉付きのシューズクローク

扉の設置基準は、玄関を開けた時にシューズクロークが見えるか見えないかで決めると良いです。

シューズクロークの入口が見えないのであれば、扉はないほうがわざわざ開け閉めの手間がかかりませんし、設置費用が不要です。

玄関を開けてすぐにシューズクロークが見えてしまう場合は、よほど整理整頓されたおしゃれな空間でない限り扉を設置しておくほうが良いでしょう。

扉を設置するなら開閉スペースをとらない引き戸が便利ですよ。

シューズクロークで玄関収納をスッキリさせよう!

家族一人当たりが持っている靴の量を数えてみてください。

思った以上に多く所有している方が多いのではないでしょうか?

シューズクロークは大容量であっても困ることはありませんので、ぜひ造り付けのシューズクロークを作って玄関収納をスッキリさせてみてくださいね。

image

シューズクロークの造り付け費用を一括見積り!

業者

シューズクロークの造り付け費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
玄関の形はご家庭によって微妙に異なりますので、通気性なども考慮して現地訪問で相談しながら計画しておくのがおすすめです。

シューズクロークまでの段差はなくしておいたり扉は無い方が使い勝手が良いこともあります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、今までの施工経験から最適な提案をしてくれるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。