階段下を有効して収納スペースを作ろう!気になる費用や気をつけるポイント

階段

ご自宅に収納スペースを増やしたいとお考えの方は階段下を活用してはいかがでしょうか?
階段下にはある程度の幅と高さがあるため思ったより収納が出来る場合が多く、階段下のデッドスペースを有効活用することが出来ます。
今回は、階段下を収納スペースにする場合の収納パターンや価格相場についてご紹介します。

階段下を収納スペースにするメリット

階段下を収納スペースにするメリットとしては、デッドスペースの有効活用が出来るという点が挙げられます。
階段下は階段の段差があるため、天井部分が斜めになっていて小さな居室として利用するのは難しいですが、収納スペースとしては十分利用価値があります。

階段に近い部屋に関するものを収納することで動線も良くなります。
玄関そばの階段なら季節物の靴やゴルフバッグなどのアウトドア用品を収納、キッチンそばの階段ならパントリーとして保存食や調理器具を収納、という風に活用アイデアが浮かびます。

階段下を収納スペースにするデメリット

階段下を収納スペースにする場合、階段の形状によってデメリットになる点があります。
階段幅が収納の入口幅となり奥に行くほど天井が低くなって、さらに奥行きも深い形状の場合です。

大きな物を収納するにも入口が狭いため入れづらく、奥行きが深いと奥の物を取り出すのが面倒になり、結局物をしまわないかしまい込んだままになる可能性があります。

では、次の項目でデメリットの対策や階段下収納の注意点などを見ていきましょう。

階段の形状による収納パターン

間取り図

入口が狭く、奥行きが深い形状

階段下を収納スペースにするデメリットでもお伝えしたように、このような形状の階段の場合は、収納スペースを造るだけでは、うまく活用できない可能性があります。

奥には棚板を設置して収納したものがよく見えるようにし、手前はキャスター付きの可動棚を置いて動かしやすいようにすると奥の物の出し入れがしやすくなります。

また、階段の正面から出し入れできるよう引き出しタイプの収納にすることもおすすめです。

入口が広く、奥行きが浅い形状

階段の側面を活用できる場合には、このような形状の階段下収納を造ることが出来ます。
収納したものが見やすいのがメリットですが奥行きのある物は収納しにくいため、奥行きを必要としない本棚やおもちゃ収納、掃除道具入れなどとして活用してみてはいかがでしょうか。

階段下収納を造る際の注意点

1. 階段の強度に注意

階段は一日に何度も人が利用しますので、階段下収納を造る際はまず階段の強度が低下しないよう気を付けなければいけません。
階段下に収納を造るために土台や壁を撤去して階段の強度が落ちてしまう可能性があるなら、階段ごとリフォームする必要があります。

階段

階段の強度を保ちながらどの程度の収納スペースがとれるのか、業者に相談してみましょう。

2. 湿気対策

次に、湿気対策も大切です。
階段下には換気口がないため収納する物から発生する湿気によってカビが生えてしまうことがあります。
特に衣類や靴を収納する場合は要注意です。

湿気

新たに壁や床に換気口を設けると大がかりな工事になることもありますので、防湿性や調湿性の高い壁紙や床材を用いたり、扉部分に隙間を設けて通気できるようにすると費用を抑えられます。

3. 照明

奥行きのある階段を収納スペースにリフォームした場合、照明があると中の物が見えやすく使い勝手が良くなります。
照明の取り付け費用は2~3万円程度です。

電池式や充電式センサー照明であれば照明器具代だけで済みますので、取り付け費用がかかりません。

階段下収納リフォームの価格相場

階段下収納リフォームの価格相場は、階段の形状や希望する収納の形によって大きく異なります。

おおよその価格相場は下記をご参考になさってください。

リフォーム内容価格相場
解体費用約3万円
壁造作0.5万円~2万円
床造作1万円~2万円
扉やドアの取り付け1万円~4万円
照明の取り付け2万円~3万円
棚の取り付け1万円~

家仲間コムでの過去の事例

階段下の収納がつかいづらいので何とかしたいとのご要望です。
可動棚やハンガーパイプを設置し壁はクロス仕上げで施工しました。
価格相場は5万円でした。

階段下に収納スペースを作成したいとの見積もり依頼です。
築3年木造二階建て、階段下に幅50〜60cm、高さ130〜140cm程度の収納をご希望。
価格相場は5万円~12万円でした。

image

階段下収納リフォーム業者を一括見積り!

女性

階段下収納リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。