目安は15~20年|床の張り替え施工の種類と費用相場

image

床の張り替えの目安は15~20年と言われていますが、床が浮く、軋むなどの症状が出てきたら張り替えを考えてみるのも良いでしょう。
床の張り替えには色々な方法があり、費用を抑えたいのであれば重ね貼りという方法もあります。
予算、床の状態、遮音性などの点からどの方法にするか検討していくとよいでしょう。
またフローリングの種類もいくつかありますので併せてご紹介していきます。

床の張り替えの目安

フローリグは15~20年を目安にリフォームを考えるとよいと言われています。
また以下のような状態になったら張り替えを考える時期と言えるでしょう。

image

・床が軋む、鳴る
・弛んでいる
・大きなキズや汚れが目立ってきた
・床を踏むと沈んだり、フワフワとする

床の構造と工法

image

一般的な床の構造はどのようになっているのでしょうか。
木造住宅では根太張り工法と下張り工法が、マンションでは二重床工法と直床工法が一般的です。

木造住宅…根太張り工法、下張り工法
マンション…二重床工法、直床工法

それぞれの工法を順に見ていきましょう。

image

・根太張り工法
根太と呼ばれる床の構造部分に直接床フローリング材を施工するやり方です。
工期も早く、費用も抑えられる工法です。
デメリットとしては、根太と根太の間に重い家具を置いた場合に弛んだり床鳴りが発生することがあります。

image

・下張り工法
根太の上に合板や無垢板を下地として張って、その上に仕上げ材を張る工法です
根太張り工法より強度が上がり、床鳴りなども発生しにくいです。

image

・二重床工法
マンションなどの集合住宅において遮音性を高めるためにコンクリート床の上に緩衝材を入れて仕上げる工法です。
床板が二重構造になっています。
根太床工法、置き床工法、浮床工法などのやり方があります。

image

・直床工法
コンクリートの床の上に直接接着剤で仕上げ材を施工する工法です。
下地が平面である程度の強度があることが必要です。
マンション等の集合住宅のフローリングの施工方法として一般的に普及しています。
直貼り専用のフローリング材が利用されます。

このように床の施工方法にはいくつか種類があります。
一軒家か集合住宅なのか、また予算や耐久性、遮音性など様々な点からどの工法を採用するか検討していくと良いでしょう。

重ね貼りで費用を抑える

image

費用を抑えて床をリフォームしたいのであれば、重ね貼りというやり方もお勧めです。
既存の床の上からさらに床材を重ね合わせて貼っていくやり方です。
費用が抑えられるだけでなく床の強度が増すというメリットもあります。
既存の床が腐食や軋みなどで劣化していないのであれば検討してみても良いかもしれません。

【重ね貼りのメリット・デメリット】

メリット
・費用が安価に抑えることが出来る
・重ねて貼ることによって床の強度が増す

デメリット
・他の居室や廊下などと段差ができる
・ドアなどとの高さの調整が必要
・既存の床が傷みすぎていると合わない

床の種類

フローリングにもいくつか種類があり性質等も異なってきます。
順に見ていきましょう。

image

・複合フローリング
複合フローリングは表面材と基材を張り合わせて作られます。
膨張、収縮、捻じれ、反りなどが生じにくい特徴があります。
表面材と基材の組み合わせによって遮音や床暖房などの様々な性能を持たせることができます。
機能性とバリエーションの高さも複合フローリングの特徴と言えるでしょう。

image

・単層フローリング
天然木をそのまま切り出して作られます。
自然の風合いをそのまま味わうことができ、摩耗などの耐久性にも優れています。
木そのものの特徴もそのまま出る為、伸び縮みで床が変形したり軋みやすいという面もあります。
また費用も少し高めになります。
天然素材の安心感やナチュラルな雰囲気を重視する方にはお勧めです。

image

・コルク
コルク樫から作られたコルクの天然素材の床です。
クッション性、遮音性、保温性という特徴があります。
色のバリエーションも豊富にあり選ぶことが出来ます。

image

・その他天然素材
最近では竹、籐、サイザル麻やココヤシなど天然素材を用いた床材も注目されています。
竹や籐などはサラッとした肌触りです。
またサイザル麻やココヤシなどは、ざっくりとした風合いが魅力で水回りなどによく利用されます。

image

・クッションフロア
表面の合板の上にクッションフロアを貼って仕上げることもあります。
クッションフロアとは表面と裏地の間に緩衝材をはさんだビニルシートの事です。
耐水性、弾力性に優れているという特徴があり、水回りで多く利用されます。

費用目安

image

床の張り替えはどの程度の費用が掛かってくるのでしょうか。
家仲間コムに寄せられた過去の見積もりによると6~12万円が最多価格帯となっています。
また床の修繕や全面的な張り替えになると費用も高くなり20万円~かかってきます。
床の種類や状況によっても費用は異なってきますので、まずは見積もりを取ることをお勧めします。

image

床張り替えの無料見積もりが可能

image

床張り替えをご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、床張り替えに対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。