壊れたドアノブは早めの交換を!価格の事例もご紹介

ドアノブを掴んでいる様子

室内を移動するたびに、一日に何度も使われるドアノブ。
もともと耐久性が高いとはいえ、やはり使用頻度が多くなると取り付け金具など金属部分が摩耗し不具合が起こってきます。
また、古い住宅では玄関や勝手口に取り付けられていることも多く、防犯面からもセキュリティー機能の高いドアノブに交換されるのがおすすめです。
今回はドアノブ交換の価格相場やドアノブの構造、交換方法などをお伝えします。

ドアノブにこんな症状が起こっていませんか?

建具修理・補修リフォームの中でも、ドアノブに関する不具合が最も多く、どこに修理・補修を依頼すればよいか迷う方も多い場所です。

まずは、ご自宅のドアノブに以下のような不具合が起こっていないかチェックしてみてください。

ドアノブが回らない
ドアノブが外れた
レバーハンドルに替えたい
ねじがぐらつく

ドアノブがぐらつく場合はまずはねじを締めてみて

ドアノブがぐらつく場合は、ねじを締めるだけで改善することも。
普段からドアノブを使う時にぐらつきがないか?ねじが緩んでいないか?といった兆候を見逃さず、時々注意してみましょう。

ドアノブ付近の拡大画像

ドアノブの種類と構造

ドアノブには、大きく分けて2種類あります。

1. 円筒錠

円筒錠は「ボタン錠」や「シリンドリカルロック」とも呼ばれ、ドアノブの中心に鍵穴があり、内側ノブの真ん中にあるボタンを押すと、外側のノブが回らなくなり施錠できる仕組みのドアノブのことを言います。

円筒錠|ファーストリフォーム出典:ファーストリフォーム

外側からは開錠のみで施錠はできないので、外から鍵を締めるためには、ボタンを押して外からドアを締めると施錠出来ます。
もし、鍵を持って出るのを忘れてロックしてしまうともう開きませんので、鍵の110番などを呼ぶことになります。
円筒錠/室内側
出典:ファーストリフォーム

この円筒錠はあまり見かけなくなってきているので、最近の子供達は知らないかもしれませんね。

2. インテグラル錠

インテグラル錠は「本締付モノロック」とも言われ、内側からも外側からも鍵を使って施錠できる仕組みのドアノブのことを言います。
インテグラル錠|GOAL出典:インテグラル錠|THE鍵堂楽天ショップ

円筒錠と比べると、施錠システムはそこまで不便ではありませんが、防犯面はやはり不安です。

ドアノブの各部名称

ご参考までに、ドアノブの各部名称をご紹介します。
業者さんに依頼する際に、専門用語が出てくることがあるので、知っておくと話がわかりやすいです。

ドアノブの各名称出典:鍵の各部名称|美和ロック

現状のドアノブの品番は、フロント部分に表記されていることが多く、業者さんに「フロントになんて書いてありますか?」と聞かれることもよくあります。

ドアノブ交換の価格相場は?

ドアノブが回らない、外れた、といった症状のほとんどが、ドアノブの金属部品の摩耗・消耗によるものです。
取り付けから年数が経過している場合は、部品が廃盤になっていることも多く、ドアノブの交換が必要になります。

見積もり価格の相談ドアノブ交換の価格相場は?

気になるドアノブ交換の価格相場ですが、おおよそ0.8万円~5万円程度となっています。
ドアノブの調整で済めば安くなりますが、ドアノブをすべて交換になると、取り付けるドアノブ(またはレバーハンドル)によって価格が異なってきます。

例えば、過去に家仲間コムへ見積もり依頼のあった、トイレのドアノブ交換の場合ですと、ドアノブ交換の価格相場は2万円~2.5万円となっています。

リビングのドアノブ修理の場合の価格相場は、2.5万円~5.4万円となっています。

廊下と居間の境にあるドアのドアノブ修理の場合の価格相場は、1.5万円~2万円となっています。

多くの業者さんが、現地への無料出張見積もりに対応していますので、まずはお気軽に見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ドアノブの交換方法

ドアノブはシンプルな構造なので、交換も比較的容易に行えます。
作業は1時間もあれば完了します。(セキュリティー機能がついていたり、取り付け場所によってはもっと時間がかかることもあります)

工事用具で形作った住宅

(1)室内側ノブの根元(ローズ)を反時計回りに外します。

(2)室内側ノブがとれたら、ビスを回して固定リングを外し、室外側ノブを外します。
(落ちないようにノブを手で押さえながらリングを外してください。)

(3)両側のノブがとれたら、フロント部分のビスを外し、錠ケースを取り出します。

(4)新しいドアノブの錠ケースを差し込み、今度は、取り外しと逆の手順で取り付けていきます。

DIYでドアノブ交換をされる方もいらっしゃいますが、ねじの締め具合や、取り付け位置の微妙なズレなどがあると、ノブがうまく回らなかったり動きがスムーズにいかないこともありますので、微調整が必要です。

玄関や勝手口のドアノブ故障はすぐに交換を!

ホテルなどの宿泊施設以外の「円筒錠」や「インテグラル錠」は、ピッキング対策がされていないことがほとんどで、その道のプロの手にかかれば、わずか数秒で開錠できてしまいます。

室内のトイレや居室のドアに取り付けてある場合は、そのままのドアノブでも良いのですが、玄関や勝手口に取り付けてある場合は、セキュリティー機能の高いドアノブに交換されることをおすすめします。

窓から侵入しようとしている泥棒ドアノブは防犯性の高いものを!

簡易なものであれば、ドアノブカバーや補助錠を取り付けたりするだけでも被害を抑える効果があります。
何もしていない方はすぐにこれらの防犯対策を行いましょう!

ドアノブが壊れたら早めに修理・補修を!

ドアノブは、万が一外れてしまうとドアが開かなくなることもあるので、早めの修理・補修がおすすめです。
特に玄関や勝手口のドアノブが壊れている場合は、防犯面からも早急に対処しましょう。

古い住宅に多いドアノブですが、握って回しての開閉は案外力が必要なので、レバーハンドルへの交換もおすすめですよ。

image

ドアノブ交換業者を一括見積り!

ドアの修理が終わって安心

ドアノブ交換業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。