カーテンレールやブラインドを通販で購入する前にお読み下さい

通販向きの商品とは?

image

インターネットの普及に伴い、従来の対面販売からインターネット通販を介した販売が盛んになっております。当社でもお客様からのご依頼で、商品は通販で購入し取付のみを依頼するケースが増えているように感じられます。
中間マージンを排除しての購入になるので、安く購入ができるというお客様のメリットがあります。
実際、炊飯器やテレビなどの白物家電は、比較的簡単に設置できるので安く仕入れられる方が絶対にお得だと私も思います。

カーテンレールやブラインドは取付が必要・・・

image

カーテンレールやブラインドなどの取付が必要な商材の場合はどうなるでしょう?
まずは、お客様ご自身がトライされるはずです。ここで取付が完了すれば何ら問題はありません。
カーテンレールやブラインド自体が劣化するまで安心してお使いいただけると思います。

それ以外のパターンが2つ考えられます。
1.取付たが、うまく固定できず商品が機能しないもしくは破損した
2.下地が固くて取付られない
これらの問題を避けるためのご提案です。

下地とは?

下地について簡単に説明します。
カーテンレールやブラインドを取付る上で、下地の知識は絶対に必要です。
建物の内壁は壁紙(クロス)や塗装で綺麗に仕上がっています。その裏側はあまり気にならないと思いますが、カーテンレールやブラインドを取付るうえでは非常に重要です。
現在の建物ですとほとんどが石膏ボードが下地になっているはずです。石膏ボードは木下地に比べて耐火性、強度、低コストなどのメリットがあります。
石膏ボードを固定するために一定間隔で木下地や軽量鉄骨などが骨組みされています。鉄筋コンクリート造ですとボンドを団子状にして石膏ボードを固定することもあります。(GL工法)

石膏ボードにはビスが利きません。
そのため、壁のどこにビスを打てばいいのかを探す必要があるのです。石膏ボードを支えている木材や軽量鉄骨を探してそこにビスを打たなければなりません。
建物によっては石膏ボードを2枚貼るケースもあるのでその場合は長いビスが必要です。木材なら手回しでも開けますが、軽量鉄骨では手回しでは開きません。

image

カーテンレールやブラインドがしっかり固定できない

取付たけどカーテンレールやブラインドがしっかり固定できないということは、下地にビスが届いていないということです。原因としては、商品に付属のビスが短い、下地の無い所にビスを打っているということが考えられます。
商品に付属しているビスはほとんどが木材に直接取付ることを前提にしておりますので長さ20mm前後のものです。下地の厚みを考慮してそれよりも長いビスを購入しなければなりません。下地は下地チェッカーや磁石などを使って探す必要性があります。
この辺の作業が困難ということであれば専門業者に依頼することをお薦めします。

下地が硬くて取付が出来ない場合は

少しでも壁に穴が開き途中から固いのであれば電動ドライバーを使えば作業は完了するはずです。
問題なのは全く開かない場合です。これは下地が鉄骨やコンクリートなどが考えられます。マンションで開かないケースはほとんどこの原因が考えられます。ここからが大事なことなのですが、分譲マンションでお部屋をご購入されてもコンクリートや鉄骨はお客様の所有物では無いのです。
構造躯体になるので勝手に穴を開けるとマンションに不具合が発生した場合お客様に責任があると訴えられるケースがあります。ここまで説明する販売業者はあまりいないと思います。施工自体はコンクリートアンカーを使えば出来ますが、将来的に発生するかもしれないリスクについて説明してくれる業者が少ないのが現実です。

安心してカーテンレールやブラインドを使うために

やはり、一度専門業者に下見をしてもらい、カーテンレールやブラインドが取付可能なのかを確認してから商品を購入するのがベストです。
商品保証の事も考えて施工と購入は同一業者で行うことが一番だと思います。
それだと価格が高くなってしまうと思われるかと思いますが、そんなことはありません。ほとんどの専門業者様が同じ価格で販売できて取付もしてくれると思います。
商品を購入する前に一度お問い合わせだけでもするべきだと思います。
それで商品は購入したけど取付が出来なかったというリスクを回避出来ます。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。