遮光カーテンの上手な選び方と遮光カーテンの価格を解説

遮光カーテンとは?

image

遮光カーテンは、まさに光を遮断するカーテンです。
遮光カーテンをつけようとお考えの方は、ほとんどが太陽光を遮光して、部屋を暗い状態に保ちたいとお考えのことと思います。

窓に遮光カーテンをかけたいと思われる理由は、大きく以下があります。
・寝室を暗く保ちたい
・朝日や西日の太陽光を遮断したい
・室内の光や人影を外に見せたくない
・ホームシアターを楽しみたい

遮光カーテンをかけると、本当にお部屋は真っ暗になるのか?
気になるところですよね。
遮光したいニーズにより、薄暗くなる程度でよい人もいるでしょうし、真っ暗にしたい人もいるでしょう。
遮光カーテンにはどのような種類があるのでしょうか?

遮光カーテンの遮光等級について

遮光カーテンには、等級があります。
遮光1級から遮光3級まであり、遮光1級カーテンの方が遮光性能が高く、光を遮断します。

■遮光1級の遮光カーテン

image

遮光率100%〜99.99%
照度受光部照度0ルクス超〜10ルクス以下
状態表現人の顔が認識できない

■遮光2級の遮光カーテン

image

遮光率99.98%〜99.80%
照度受光部照度10ルクス超〜200ルクス以下
状態表現人の顔あるいは表情がわかる

■遮光3級の遮光カーテン

image

遮光率99.79%〜99.40%
照度受光部照度200ルクス超〜600ルクス以下
状態表現人の表情はわかるが、作業には暗い

遮光率や照度受光部照度など、よくわかりませんよね・・・。
結構暗くしたい方は、遮光1級を選ぶのがよさそうです。

遮光カーテンの画像は東リ「カーテンの達人」参照

遮光2級のローマンシェード使用の感想

image遮光2級のカーテン生地のシェード

自身の個人的体験ですが、朝日がまぶしい寝室に遮光ローマンシェードを購入した経験があります。購入する時には、「ちょっと薄暗い程度の方が、目覚めもよさそうだし」と遮光2級の生地の物を購入。
すると、予想以上に明るく(個人の感覚ですが・・・)、遮光1級のカーテンにしておけばよかったと後悔したことがあります。

遮光カーテンの価格

■某ホームセンター特売遮光カーテン

種類サイズ枚数価格
遮光性カーテン幅100cm×丈135cm二枚入り2,980円~
遮光性カーテン幅100cm×丈178cm二枚入り2,980円~

■某ホームセンター既製遮光カーテン

種類サイズ枚数価格
遮光1級カーテン幅100cm×丈135cm二枚入り4,880円~
遮光1級カーテン幅100cm×丈178cm二枚入り4,980円~

■某カーテン専門店オーダー遮光カーテン

種類サイズ枚数価格
遮光1級カーテン幅100cm×丈135cm二枚入り10,000円~
遮光1級カーテン幅100cm×丈178cm二枚入り12,000円~

カーテン専門店の方に聞くと、売れ筋のオーダー遮光カーテンの価格は、遮光1級カーテンの幅100cm×丈178cm(二枚入り)で2〜3万円前後とのことでした。
カタログから選ぶ場合は、こちらのカーテン専門店さんではカタログ価格の4割引とのことです。

ホームセンターの既製遮光カーテンでもオーダーの遮光カーテンでも遮光1級と表示があるものは、遮光性能は同じです。
特価の遮光カーテンなどで、遮光1級と表示がなく、遮光性カーテンと表示があるものは遮光性能が遮光1級に比べると劣るのではないかとのことでした。

遮光カーテンのサイズはよく考えて!

カーテンサイズを測って購入して、遮光カーテンをかけてみると・・・。
「え〜、確かに遮光カーテンなんだけど、光が漏れてる。こんなはずじゃ・・・」
なんてこと、結構あるので注意が必要です。

ここのポイントは「光漏れ」です。
カーテンの上部(カーテンレールの所)や両サイド、下とカーテンの真中(左右の遮光カーテンを閉じた時の隙間)から、光が漏れてしまいます。

窓の向きや間取りによってかなり違いますが、朝日が差し込む窓の場合は、遮光カーテンでお部屋自体は暗いので、光漏れはかなり気になる場合があります。

image遮光1級カーテンです。両サイドや下から光漏れがあります。

これも筆者の実体験で恐縮ですが、朝日の差し込む腰窓に遮光ローマンシェードをつけました。ローマンシェードの丈サイズは、窓枠から約10cm程長くして。

ベットは窓のすぐ下の壁面にあります。
朝、強烈な光が閉じているまぶたを突き破って入ってきました。
寝ぼけながら、「遮光カーテン閉じ忘れたっけ??」と思いながら起き上がると、カーテンの下の隙間から、光漏れです・・・。

image下から見ると、結構隙間があります・・・

部屋の間取りやベットの位置などをよく考えて、カーテンのサイズを選択しましょう。

問題がなければ、窓に対して遮光カーテンのサイズを少し大きくすることで、光漏れを軽減できます。

遮光カーテンだけでは足りない!光漏れを防ぐコツは?

■上部からの光漏れを防ぐ

image

遮光カーテンの上部からの光漏れを防ぐには、カーテンレールを天井付けにするか、カーテンボックスを取り付ける方法で、光漏れを軽減できます。
カーテンボックスは断熱性を高める効果もあります。
【画像商品】
トーソー株式会社
商品名 : グラビエンス
2m価格 : 43,800円

■両サイドからの光漏れを防ぐ

image

遮光カーテンの両端を、レース側のカーテンレールにかけることで、遮光カーテンをサイドにまわりこませ、サイド面からの光漏れを防ぎます。
レース側に、遮光カーテンの一番端のフックをかけるために、リターン金具が必要となります。
【画像商品】
トーソー株式会社
商品名 : エリート
2mダブル価格 : 7,050円 (参考価格)

■遮光カーテンを閉じた時の光漏れを防ぐ

image

遮光カーテンを中央で交差させて、遮光カーテンを閉じた時に6cmの重なりをつくります。重なりをつくることで、光漏れを防ぎます。

オーダー遮光カーテンの取り付けに悩んだら

オーダー遮光カーテンやカーテンレール、カーテンボックスの取り付けに悩んだら、業者さんに相談してみましょう。
カーテン専門店さんなどは、採寸と取り付けも行なっている所もあります。

↓近所の業者さんに匿名で見積もりを依頼できるので便利です。
直接頼める業者さん検索>>

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。