吹き抜け窓にカーテンは必要?抑えるべきポイントに合わせたカーテンはこれ!

吹き抜け窓

吹き抜け窓は、新築住宅を建てる方の憧れの住宅設備の一つです。
明るい光が高いところから降り注いで、とても開放感あふれる空間のイメージですよね。
ですが、実際吹き抜け窓を取り付けた方からは、様々なお悩みのお声を聞くことがあります。
今回は、吹き抜け窓のお悩みで多いカーテンの必要性や、取り付け時に抑えておくポイントとそれに合ったカーテンのご紹介です。

吹き抜け窓にカーテンは必要?

吹き抜け窓

吹き抜け窓は、日当たりの悪い立地でも採光できたり、狭小住宅を広く見せる効果があります。
参照:吹き抜けのメリット・デメリットとリフォームの種類・価格相場とは

吹き抜け窓にカーテンが必要かどうかは、ご自宅の立地や周辺の環境に左右され、実際に住んでみて初めて「カーテンがいるかも?」と思うことも少なくありません。
参照:【価格例あり】吹き抜けを作って後悔、吹き抜けをなくすには?

実際に吹き抜け窓のある住宅に住んでいる方からのお声で多いお悩みを元に、カーテンの必要性を見ていきましょう。

1. 夏は暑く、冬は寒い

吹き抜け窓を設置した方からのお声で最も多いのが、「夏は暑く、冬は寒い」というお悩みです。

夏は、広い吹き抜け空間全体に冷房が行き渡るのに時間がかかり、窓からの日差しもあって冷却効果が弱まることが原因です。

エアコンとシーリングファン

冬は、暖房で暖まった空気が上昇気流に乗って吹き抜けの上の方へと流れてしまい、いつまでたっても足元が寒いままです。

窓などの開口部から約74%も熱の出入りがあるので、吹き抜け窓があることで夏は熱が入り込み、冬には暖かい空気が逃げてしまうのです。
参照:窓の暑さ対策におすすめな「遮光」「遮熱」など、簡単にできる5つのポイントをご紹介

「夏暑くて、冬寒い」というお悩みを解決するには、吹き抜け窓にカーテンを取り付けると改善できます。

2. まぶしい

吹き抜け窓

吹き抜け窓を西側に取り付けている場合、夕陽が沈む時間帯は特に西日が入り込んでまぶしく感じます。

基本的に、吹き抜け窓は採光が難しい北側に取り付けると効果的なのですが、家の設計上どうしても西側になってしまったという方もいらっしゃいますよね。

吹き抜け窓がまぶしい場合にも、カーテンを取り付けると改善できます。

3. ご近所さんからの視線が気になる

吹き抜け窓

ご自宅の造りによっては、2階へ上がった時に吹き抜け窓からご近所さんが見えることがあります。
こちらから見えるということは、相手からも見えていますよね。

視線を遮る方法としては、透明ガラスではなく「フロストガラス」や「型板ガラス」など、ガラスに遮像加工を施した窓にしておくと良いのですが、すでに透明ガラスをはめ込んでしまった吹き抜け窓の場合は、やはりカーテンを取り付けて改善しましょう。

吹き抜け窓におすすめのカーテン

OKマークをする人

吹き抜け窓にカーテンを取り付ける場合は、下記のポイントを意識して選ぶ基準にしてみましょう。

・遮光性がある
・断熱性があるとより良い
・お手入れが楽
・開閉が楽
・吹き抜け窓のインテリア性も活かしたい

上記のポイントをふまえて、吹き抜け窓におすすめのカーテンをご紹介します。

1. カーテン+電動カーテンレール

カーテンを取り付ける場合は、電動カーテンレールを採用すると開閉が楽になります。

image画像提供:カーテンモーター|TOSO

出典:カーテンモーター|TOSO
商品価格:79,900円~

天窓や吹き抜け窓の光量調節に最適な、電動カーテンレールです。
傾斜窓にも設置可能です。

2. ロールスクリーン

image画像提供:ロールスクリーン ジーア遮熱|TOSO

出典:ロールスクリーン ジーア遮熱|TOSO
商品価格:50,200円~

ロールスクリーン「ジーア遮熱」シリーズは、遮光効果に加えて遮熱効果も兼ね備えたロールスクリーンです。
遮熱効果をプラスするだけで、省エネ効果が約47%もアップします。

image画像提供:高窓用電動ロールスクリーン|TOSO

出典:高窓用電動ロールスクリーン|TOSO
商品価格:73,900円~

操作性を高めるなら、やはり電動タイプがおすすめです。
こちらの電動ロールスクリーンは、壁に埋め込む「スイッチタイプ」と「リモコンタイプ」の2種類があります。

3. ローマンシェード

吹き抜け窓のおしゃれな雰囲気を損なわず、お悩みを解決できるのがローマンシェードです。
ローマンシェード独特のおしゃれなデザインは、吹き抜け窓のインテリア性もアップしてくれます。

image画像提供:ローマンシェード|TOSO

出典:ローマンシェード|TOSO
商品価格:27,900円~

ローマンシェードにはデザインのバリエーションがあるので、ご自宅に合わせてコーディネートを楽しめます。
参照:ローマンシェードのおしゃれなスタイル14選!華やかで遊び心のある窓辺作りにおすすめです

ローマンシェードにも電動タイプがあるので、操作が楽になります。

吹き抜け窓にカーテンを取り付けた場合の注意点

笑顔の人

吹き抜け窓にカーテンを取り付ける場合、日々の開閉操作とお手入れについては考慮しておかなければいけません。

ウォッシャブルタイプで丸洗いが出来るタイプやほこりがつきにくい商品がおすすめです。

また、操作性に関しては費用が上がってしまうのが悩ましい点ですが、電動タイプを取り付けると格段に開閉が楽になります。
吹き抜けの高所にある窓ですので、リモコンひとつで開け閉めできるのはやはり便利です。

image

吹き抜け窓にカーテンをお得に取り付けるには?

業者の訪問見積り

吹き抜け窓にカーテンをお得に取り付けるには一括見積りが便利です。
高所での採寸や下地の確認などは、施工経験の豊富な専門業者に任せる方が安心ですよ。

取り付けと同時に商品も購入すれば、大幅割引をしてくれる業者もありますので、複数見積もりをとって比較検討するとお得です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。