間仕切りカーテンを使ってお洒落で機能的なお部屋に!|設置事例や費用目安など

image

広い部屋を間仕切りして機能的に使いたいとお考えの方にお勧めなのが間仕切りカーテンを使うという方法です。
ライフスタイルの変更やお子様の成長に合わせて既存の部屋を区切ることができます。
壁を新設するよりも経済的で手軽に出来るのが嬉しいところです。
気になる間仕切りカーテンの種類やメリット、利用事例、レール取り付けの費用などを今回は紹介していきます。
お部屋を区切って機能的に利用したい方にお勧めです。

間仕切りカーテンとは

image

既存の部屋を仕切るためのカーテンを指します。
普通のカーテンから、アコーディオンのように折りたたむもの、ビニールを利用した防水性に優れたものなどいくつか種類があります。
間仕切りカーテンがあることで広い部屋を機能的に区切りをつけて利用することが出来ます。
また視線を遮ったり、区切ることで冷暖房の効果を上げ、電気代の節約効果も見込むことが出来ます。

間仕切りカーテンのメリット

image

間仕切りカーテンのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
幾つかまとめてみました。

・手軽に部屋を区切る
壁の新設と違って手軽に部屋を区切ることのできるのが間仕切りカーテンの大きなメリットです。
お子様の成長やライフスタイルの変化に対応して間仕切りし、また必要がなくなれば取り払うことも簡単にできます。
このように柔軟に対応できる利点があります。

・視線を遮る
物がたくさん置かれていると何となく散らかっていて雑多な印象になってしまいます。
そこで物がたくさん置かれたキッチンや洗面所などをカーテンで区切ることで、部屋全体をすっきり見せることが出来ます。
視線を遮ることで、部屋を綺麗でおしゃれに見せる方法です。

・冷暖房効率を上げる
広い部屋の温度調節は、電気代も掛かるしあまり効率的ではありません。
カーテンで区切って部分的に冷暖房を利用すれば、効率的に温度調整が出来るだけでなく、電気代の節約にも繋がります。

・用途に合わせて開閉する
カーテンなので用途に応じて開閉することで色々な場面に対応することが出来ます。
例えば普段は広く使っているけれど、来客の際はカーテンを引いてキッチンを隠したり、洗面所にカーテンを引いて脱衣所として利用したり等。
用途に柔軟に応じることが出来ます。

間仕切りカーテンを使う事例

間仕切りカーテンが使われる事例を調べてみました。
部屋の間仕切りだけではなく、目隠しや防水等色々な用途で利用することが出来ます。

image

◇子供部屋
既存の部屋をカーテンで区切って子供部屋に利用する事例は多いです。
最近では窓やコンセント等をうまく配置して、将来的に区切って使うこともできると言うのを売りにしている部屋もあります。
壁を新設することも多いですが、カーテンだと気軽に取り付けられる上に、必要がなくなればすぐに取り外しができるので便利です。

image

◇キッチン
キッチンの部分をカーテンで間仕切りして部屋をすっきり見せます。
リビングとダイニングが繋がっている場合などに利用されることが多いです。
普段は開けておいて来客時には閉めるなど臨機応変な使い方が可能です。

image

◇洗面所、浴室
洗濯機や清掃用品等の目隠しやユニットバスの仕切り、脱衣所として利用する場合に使う等、様々な用途があります。
水回りの箇所なので防水性のものがお勧めです。

image

◇寝室
寝室の仕切りや入口にも利用することが出来ます。
昼間は開け放って広く使い、夜はカーテンを閉めて寝室として利用するなど生活スタイルに合わせることが可能です。

image

◇和室と洋室の間
最近では洋室と和室の両方を兼ね備えた家が多くみられます。
洋室と和室の間に仕切りカーテンがあると例えば来客時にはカーテンを閉めて和室を客室として使ったりすることが出来ます。

image

◇部屋の一部を区切って収納にする
カーテンを使えば部屋の一部を区切って収納として使うこともできます。
荷物が多くごちゃごちゃしてしまう場合にお勧めです。

image

◇ベランダ、テラス
ベランダやテラスなどの間仕切りにも利用することが出来ます。
風雨に強いビニール製のものがお勧めです。

カーテンの種類

間仕切りカーテンにもいくつか種類があります。
用途や場所に応じて選ぶのがお勧めです。

image

§アコーディオンカーテン
部屋の間仕切りとして良く使われるカーテンです。
蛇腹状の伸縮性のあるカーテンで間仕切りドアのように利用することが出来ます。
衝立のように立てて利用するタイプや、レール、ポールを利用するタイプ等取り付け方にもいくつか種類があるので、どんなところにでも取り付けることが出来ます。
中には透明な種類もあり、カーテンを閉めていても部屋を広く見せることが可能です。

image

§ロールスクリーン
コードを使ってロール状の布を引き下げたり、巻き上げたりして開閉するカーテンのことを指します。
巻き取り方式は、プルコード式とチェーン式の2つに大きく分けられます。
開閉いずれの状態でもかさ張らないので、間仕切り以外にもちょっとした目隠しなど広い用途で利用できます。

image

§ビニールカーテン
ビニール製のカーテンで水に強く耐久性にも優れています。
洗面所、浴室などの水回りや、テラス、ベランダなどの屋外の間仕切りによく利用されます。

間仕切りカーテン設置の費用目安

image

間仕切りカーテン設置の費用はいくらくらいかかるのでしょうか。
過去に家仲間コムに寄せられた見積もり事例をまとめてみました。
費用は設置するカーテンの種類や広さ、設置場所の状態によっても異なってきますので、まずは見積もりを取ってみる事をお勧めします。

カーテンレール、間仕切り用ロールスクリーンの設置
¥50,000 ~ ¥100,000
カーテンレールとロールスクリーンの設置をお願いしたいと思います。
1階 洋室 窓2か所、
2階 リビングルーム 窓4か所、
3階 2部屋 窓4か所、
階段 窓3か所、
リビングルームと階段の間仕切り2か所 天井から床までのロールスクリーンの設置。

アコーディオンカーテンで間仕切りしたい
¥15,000 ~ ¥20,000

2階14帖洋室なのですが、子ども部屋として使用、もともと二部屋に仕切る予定で間取りしています。
部屋の真ん中をアコーディオンカーテンで間仕切りたいです。

カーテンレール間仕切り
¥15,000 ~ ¥20,000
間仕切りのカーテンレールの取り付けの見積もりに来てくれる業者を探しています。
パーテション仕切りを隠すためのカーテンレールとキッチンを隠すカーテンレールなので範囲が広いです。

間仕切り用カーテンレールの取り付け
¥8,000 ~ ¥33,000
キッチンとLDの間の下り天井に間仕切り用としてカーテンレールを取り付けたいと思っています。
キッチンとLDの間で、サイズは240cmです。

image

間仕切りカーテン設置の無料見積もりが可能

image

間仕切りカーテン設置をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、間仕切りカーテン設置に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。