天井補強・取り付け設置リフォームについて、その価格相場や種類をご紹介!

image

地震など、どうしようもない天災に、襲われてしまうことはあるかと思います。そんな時に身を守ってくれるものの一つに家がありますが、そんな家もきちんと補強しておかないと思わぬ事故のもととなります。
補強しておく必要のある場所の一つに、天井があります。天井は補強することで、シャンデリアなどの重量があるものを設置することもできますし、耐震化も期待できるのです。
そこで今回は、そんな天井について、補強や取り付け・設置リフォームに実際にかかる価格相場や施工例などを中心にご紹介していきたいと思います。

天井の補強工事、その必要性とは?

image

普段から、天井に気を配っている方はあまりいないかと思います。しかし、天井は家の構造上も大切な役割を果たしているほか、電灯などを設置するための大事なスペースでもあるのです。

家の中の照明器具は何をお使いでしょうか?素敵なシャンデリアをご使用の方もいらっしゃるかと思いますし、シーリングライトなどを利用している方も多くいらっしゃるかと思います。実は、これらを新しく設置しようと思ったら、まずは天井の補強工事を必要とする場合が多いのです。

例えばシーリングファンやシーリングライトなどは、シャンデリアなどの重量感のあるものと比べて、あまり強度も必要ないのでは?と考える方もいらっしゃるかと思います。しかしこれらを設置するにも一定の天井の強度や環境が必要であり、間違った設置をしてしまうと思わぬ事故につながってしまいます。したがって、それらを設置する前に、きちんと天井の状態をチェックしてもらうことが必要となるのです。

シーリングファン・シーリングライト取り付け・設置の注意点とは?

image

それでは実際に、天井にシーリングファンやシーリングライトを設置する際のポイントや注意点などを見ていきましょう。天井にシーリングファン・シーリングライトを設置する場合は、以下のような状態では設置ができません。

1.傾斜がある天井
2.押すと形が変わるような天井
3.があったり、桟が組み合わされている天井
4.突起物がある天井
5.天井の傾度・勾配が39度以上ある場合(国内シーリングファンを使用する場合)

こういった場合では、シーリングファンやシーリングライトは設置が不可能なので、設置したい場合は必ず平らな天井であることが条件となります。また、シーリングファンやシーリングライトを新しく設置する場合は、配線工事などを必要とするため業者の方の工事が必要不可欠となりますが、シーリングローゼットなどの配線器具がすでに設置されている場合は、ご自身でも取り付け・設置が可能となります。

image

また、シーリングファンを設置する場合は、天井にある程度の高さも必要となります。あまり低い天井ですと、空間に圧迫感を与えてしまいますし、せっかく設置しても空気循環の面でうまく機能しなくなってしまうこともあります。

一方で、傾斜のある天井へどうしてもシーリングファン・シーリングライトを設置したい、という方向けに、各メーカーで傾斜のある天井専用の別売りのアダプターも販売しています。大体1,000円未満で購入ができますので、ぜひ検討してみてください。

天井の耐震化工事とは?

image

シャンデリアやシーリングファン・シーリングライトを設置する以外にも、天井補強工事には多くの需要があります。例えば耐震化を兼ねそろえた天井にする場合、天井を補修し、金物などを取り付けることで天井補強が可能となります。

その金物というものが、耐震用のクリップやブレースです。多くのお宅では、天井は「つり天井」と呼ばれる仕組みのものとなっています。これは、その名の通りつり下げられている天井のことで、耐震の面では弱い構造なのです。

image

というのも、つり下げられている天井に地震が襲った場合、天井は揺れにあらがうことも出来ずに上下左右へ揺れます。その際、壁へ激突する可能性が高く、最悪の場合その衝撃で天井も壁も崩れてしまうことが考えられます。

そうならないためにも、開発されたのが耐震クリップ工法などの耐震化を図る天井補強工事です。この場合、通常の在来工法で建てられた天井の2倍もの耐震化作用があると期待されています。

耐震クリップ工法は、独自の耐震クリップを使用することで、通常使用されているクリップよりも強度が強いことから地震での家屋崩壊を防ぐことができるのです。現在は、個人の家屋だけでなく、人が集まる体育館エントランスホールなどの広い場所への耐震化も進められています。

また、東日本大震災を受け、国土交通省も天井崩落への規制について法改正を行うなどの取り組みもされていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

天井の断熱加工について

image

最後に、天井の補強工事の中でも断熱加工についてご紹介していきます。天井へ断熱機能を持たせるためには、天井の内部もしくは上側に断熱材を敷きこむ工事か、室内側に断熱材を吹き込む方法があります。どちらの方法でも、冷房や暖房の効きが良くなるほか、熱移動を軽減する場度の効果もあるので、家の室温が気になる方はぜひ検討してみてください。

天井補強・取り付け設置リフォームにかかる価格相場とは?

天井補強・取り付け設置リフォームと一概に言っても、いろいろな工事があります。一般的に部分的な修理などの天井リフォームなどに比べてリフォーム費用も高額である場合がほとんどで、その価格相場は10万~20万円ほどと考えられます。その中でも、天井の断熱工事15万円前後かかることが多いですし、そのほか施工方法によって価格は変動していきますので、注意が必要となります。

まとめ

いかがでしたか?天井補強・取り付け設置リフォームは、天井の内部の補強工事であったり、また断熱加工ならば既存の天井の上からの施工などもありますので、バリエーションに富んだリフォームでもあります。シャンデリアやシーリングファン・シーリングライトの設置・取り付けのための補強工事のほか、耐震加工など、これからのために必要なリフォームなども多くありますので、しっかりと検討してみることをお勧めします。ぜひ参考にしてみてください。

天井補強・取り付け設置をお得に行うには?

image

天井補強・取り付け設置を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に天井補強・取り付け設置の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。