解体工事のリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

解体工事を行う際には専門の資格が必要となるため、解体工事を行える業者さんに依頼することになります。
家を更地にする解体工事の場合などでは、不用品が残っていてもそのまま解体撤去を行ってくれる業者さんもあります。

解体工事の際はどのような場合に追加料金が必要か確認しておくことが大切です。
特に敷地内に井戸や浄化槽があった場合、家財が多い場合などには解体工事費が追加となるケースが多いです。
事前にどの部分を解体するのかを確認し、現地調査で明確な見積もりを出してもらいましょう。
また、解体の際に必要な近隣への挨拶などを業者さんがしてくれるのかなども事前に確認しましょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

建物の解体工事前にしておくべきこととは?

建物の解体工事を業者に依頼する際、当日までに電気停止などの手続きをしておく必要があります。

image3

解体工事を依頼する際、当日までにいくつかしておかなければならないことがあります。

まず、電気の停止です。電気は電力会社に連絡することで、契約を切ってもらうことができます。
電気メーターの撤去や電気引き込み線の撤去などは基本的に解体業者側で手配することとなるため、行う必要はありません。

その他、ガス会社に連絡しガスの停止ケーブルテレビや有線などのアンテナ撤去、汲み取り式トイレの場合はトイレの汲み取り作業などが必要となります。

ここで注意しておきたいのが、水道です。
水道は解体工事の際に使用することがあるため、水道の停止や撤去は行わないでおきましょう。

また、基本的には解体工事までに家財道具などは運び出し、不用品を撤去しておきます。
解体工事の契約によっては家財道具や不用品類ごと解体撤去してもらえる場合もあるため、不用品の処分も依頼したい場合には事前に業者に確認しておくと良いでしょう。

解体工事のありがちトラブル!敷地境界線上のフェンス類はどうする?

解体工事では、敷地境界線上のブロック塀やフェンス類についてトラブルとなることがよくあります。

image3

解体工事を行う際によくトラブルになりがちなのは、隣家との敷地境界線上にあるブロック塀やフェンス類の処理問題です。

敷地境界線上のフェンスやブロック塀については共有の場合が多いため、解体工事を行う前に処理について隣家と話し合いを持ち、解体工事の際に処理してしまうか残しておくかを決めておく必要があります。

境界線が明確になっていないところにフェンスやブロック塀がありトラブルになってしまいそうなときは、測量をしてもらいはっきりとした境界線を定めることとなります。
境界線を明確にするための測量は、土地家屋調査士などへの依頼が必要となります。

総額が見積もりと違う?解体工事の追加料金が必要となるケースとは

解体工事は場合によって追加料金が必要となるケースもあります。
最も多い例としては、解体工事の最中に地中障害物が発見された場合です。

image3

解体工事が終わってみたら、見積もりよりも金額が増えていたというケースは少なくありません。

見積もりよりも金額が増えていたことに驚いて、契約書に「地中障害物の処理費用について」の項目があることを見落としていて業者にクレームを入れてしまうという例もあります。

地中障害物とは、埋め残された廃材や浄化槽、古井戸などのことを差し、これらの地中障害物は実際に解体工事を行わないと発見されないため最初の見積もりには記載されません。

そのため、契約書には「地中障害物が発見された際の処理費用は別途」と記載されているのです。

追加料金がかかっても慌ててしまわないよう、事前にどのような地中障害物にはどの程度の費用がかかるのかを業者に確認しておくと良いでしょう。

知っておくと安心!解体工事の流れや必要な手続き

解体工事を行うことは、おそらく生涯のうち一度あるかないか、というぐらい少ないかもしれませんが、例えば、古い住宅を相続したり、新築住宅を購入したため、古い家が不要になった場合などに、解体工事の必要性が出てきます。ここでは、知っておくと安心な解体工事の流れや必要な手続きをご紹介します。解体工事業者さんから見積もりをとった場合に役に立ちますよ!

知っておくと安心!解体工事の流れや必要な手続き

知っておきたい解体工事の基礎知識と費用の価格相場をご紹介します

空き家に関する条例も施行され、きちんと解体工事を行う必要が出てきています。そんな解体工事について、実はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、解体工事の際に知っておきたい基礎知識を紹介するとともに、かかる費用の価格相場も見ていきます。ぜひ正しい知識を持って、解体工事に臨んでみてください。

知っておきたい解体工事の基礎知識と費用の価格相場をご紹介します

解体工事の価格相場

解体工事にかかる価格帯として、一番多くみられるのが80万円~120万円の範囲となります。
この価格帯で実際にある工事内容としては、木造2階建ての解体工事、その後の更地化などが挙げられます。
また、40万円以下の工事も多く、内容としてはプレハブハウスや物置小屋の解体工事や塀・ベランダの解体工事などの工事例があります。一方、120万円以上の工事となりますと、家屋の解体やそれに伴う敷地の有効活用化(駐車場にするなど)の工事例があります。

解体工事に対応可能な業者さん 206社

みんなのクチコミランキング

1位

マクスロムインテリアデザイン

クチコミ数:370   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/01/21
40代 女性 

手際よく、とても綺麗に仕上げて頂けて嬉しく思います。
工事業者の方も、工事道具にも清潔感があり気持ち良くお願いを出来ました。また何かありましたら是非とも指名依頼したい業者様でした。
ありがとうございました。

40代 男性 

予め依頼していた以外の工事にも対応していただき大変助かりました。

50代 女性 

丁寧、要望通り

もっと見る 
2位

リズナ

クチコミ数:117   みんなのおすすめ率:93% 登録日: 2015/03/16
50代 女性 

御夫婦できてくれたので、女性ひとりでも安心でした。感じがよく、工事中に配管から水漏れを見つけていただき、材料費と追加料金でわざわざ近所のDIYショップに材料を買いに行き作業してくれました。価格も良心的でした。

40代 男性 

故障の原因を見つけるのが早く、仕事もあっと言う間に終わったところ。
何より依頼を出してすぐに手を挙げてくれたところに感謝しています。

30代 男性 

早急な対応で、他社さんよりも安く施工して頂きました。
施工自体も丁寧に説明をしてくださり、また何かの際には依頼したいと思います。

もっと見る 
3位

夢木家 グループ 夢木家建築設計事務所

クチコミ数:107   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2008/03/12
40代 女性 

依頼内容や質問へのレスポンスが早く、結果的にすぐに着工していただけました。出来上がりも満足です。またお願いします。

40代 女性 

対応が早く、丁寧だった。

40代 女性 

迅速に対応していただきました。

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

解体工事見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
510,000円
(34%安)
2位
価格差:
60,000円
(33%安)
3位
価格差:
1,000,000円
(33%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

解体工事の施工事例

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る