店舗内装工事のリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

店舗内装工事は、その店の印象を決めるとても大切な工事です。
店舗の目的や雰囲気、居心地などを考慮して店舗内装をデザインする必要があります。
そのため、店舗内装工事の経験が豊富な業者さんを選ぶことはもちろん、自分のイメージと合った提案をしてくれる業者さんを選ぶことも大切です。

店舗内装工事は一般の住宅よりも費用が高額になる場合が多いため、事前に予算を設定し見積もりを出してもらいましょう。
店舗となる物件を決定する前に内装工事のイメージや費用を視野にいれることも重要となります。

また、店舗物件の賃貸契約を終了し返却する場合には店舗内装を撤去してスケルトン状態に戻さなければいけない場合が多いです。
店舗内装撤去工事の際には廃材などの処分費用も見積もりに含まれているか事前に確認しておきましょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

物件契約前に店舗内装業者との下見を!物件契約後に後悔しないために

店舗を開店するために物件の契約をする際、契約前に候補物件を内装業者と一緒に下見をし費用などの目安を聞いておくことが重要です。
また、居抜き物件の場合は処分費用などが余計にかかってしまうケースもあるため注意しましょう。

image3

店舗を開店する際、契約前に内装業者に下見をしてもらい工事費用のプランニングや見積もり提出をしてもらうことは大変重要です。

「物件契約後に店舗内装工事の見積もりを依頼したら、予想以上に工事が必要で費用が高額だった」という失敗談も少なくありません。

特に設備面の確認は重要項目で、候補物件のガス、電気、水道などの容量が開店しようとしている店舗で問題なく使用できるものかどうかを確認しておく必要があります。

設備面が整っていない物件は、店舗内装工事以外にも設備工事が必要となり、予想外の費用がかかってしまう原因となります。

特にガス管が家庭用のものであった場合、道路を掘ってガス管の交換などが必要です。電気容量の不足では配線引き換えが必要となり、どちらも1か月~1か月半程度の期間を要します。

また、前テナントの内装が残っている状態の「居抜き物件」は、営業内容によってはほとんど手を加えずに営業を始めることができるというメリットがあります。

しかし、内装などが老朽化している場合などには撤去費用や処分費用などが余計にかかってしまうケースもあるため、カウンターや水まわり設備などが本当にそのまま使用できるものなのか、こちらも事前に業者との下見が重要となります。

自治体によって違う「飲食店営業許可」のための設備

飲食店を営業するためには、保健所での飲食店営業許可を取るために水まわりなどの改装が必要です。

image3

飲食店を営業する際には飲食店営業許可を取得する必要がありますが、設備面での規定が定められています。

特に注意が必要な点としては、厨房床部分に規定があったり排水溝が設ける必要があったりする点です。

飲食店以外の居抜き物件を飲食店に改装する場合などでは、特に厨房床の素材変更や排水溝設置などに費用が多くかかる可能性があります。

また、Wシンクの設置や従事者専用手洗い設備の設置、客席と厨房を分離することなども定められています。

飲食店営業許可を取得するための要件は自治体によって異なるため、事前に保健所に確認しておくようにしましょう。

飲食店のキッチン ウェットとドライの違いとは?

ウェットキッチン仕様として設計されている場合、厨房の床には適切な防水工事を施す必要があります。
防水工事が不完全な状態で使用すると、漏水などが発生し階下の店舗に被害が及んでしまう可能性もあります。

image3

ウェットキッチンとは、屋上などと同じようにウレタンなどを使用した防水工事を施してある床のことです。

ウェットキッチンのメリットとしては、床に油汚れなどが発生してもホースなどで水を流して洗浄することができるという点があります。

これに対してドライキッチンとは、一般的な洗面所の床のような塩ビ長尺シートなどの素材で、基本的に乾燥した状態で使用するものです。

排水溝を設けることは飲食店営業許可を取得する際に定められているため、水を使用して簡単な清掃はできますが、乾燥状態を維持することが基本となります。
軽食などを提供する店舗では、施工が簡単で費用も安価なドライキッチンにすることも多いです。

また、ウェットキッチンは必ず防水工事を施すことが必要となりますが、防水工事をしないまま、もしくは防水が劣化したままで水を大量に流すような使い方をしてしまうと漏水の可能性があります。

特に上階の店舗の場合では、階下の店舗にまで漏水被害が及んでしまうこともあるため、ウェットキッチンでは防水工事を確実に行うことが重要となります。

自宅カフェを開きたい方必見!自宅カフェ開業のための基礎知識

自宅をリフォームして自宅カフェをしてみませんか?「お料理が好きだから、いろんな人に食べてもらいたい!」「趣味のパン作りを生かしてパン屋さん兼カフェを!」など、いつかは自分のお店を!という夢を抱く方も多いのではないでしょうか?今回は、自宅をリフォームして自宅カフェを開業するための基礎知識についてお伝えします。

自宅カフェを開きたい方必見!自宅カフェ開業のための基礎知識

店舗内装工事の価格相場

店舗内装工事の価格相場を見てみると、50万円以下に集中していることがわかります。
実際に50万円以下の工事内容では、学習塾などの内装工事やテナントのトイレや洗面台の取り付けなどが見受けられます。
また、50万円~100万円の価格帯では、店舗内装工事の中でも店舗内装全般や、コインランドリーなどの内装が出てきますし、100万円以上となると飲食店やエステサロンの内装が対象となります。

店舗内装工事に対応可能な業者さん 294社

みんなのクチコミランキング

1位

備中屋

クチコミ数:177   みんなのおすすめ率:93% 登録日: 2013/01/28
20代 女性 

とても丁寧な対応でした。壁も思っていた以上に綺麗になり、感動しています。

20代 女性 

早くて綺麗で安かった!
本当にお願いしてよかった。

40代 女性 

連絡が迅速で簡潔。
仕上がりも、値段の割にまあ良かった

もっと見る 
2位

平峰木工所

クチコミ数:156   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/04/19
60代 女性 

安価で且つ細かい要望にも対応して頂き助かりました。

40代 男性 

施行のアイデアも出していただき、かつ安く丁寧に仕上げていただきました。業者選択に悩んでいましたが、もっと早くこのサイトを見つければよかったと感じています。

50代 女性 

管理会社に問い合わせた見積の半額ですみました。

もっと見る 
3位

リズナ

クチコミ数:117   みんなのおすすめ率:93% 登録日: 2015/03/16
50代 女性 

御夫婦できてくれたので、女性ひとりでも安心でした。感じがよく、工事中に配管から水漏れを見つけていただき、材料費と追加料金でわざわざ近所のDIYショップに材料を買いに行き作業してくれました。価格も良心的でした。

40代 男性 

故障の原因を見つけるのが早く、仕事もあっと言う間に終わったところ。
何より依頼を出してすぐに手を挙げてくれたところに感謝しています。

30代 男性 

早急な対応で、他社さんよりも安く施工して頂きました。
施工自体も丁寧に説明をしてくださり、また何かの際には依頼したいと思います。

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

店舗内装工事見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
40,000円
(33%安)
2位
価格差:
1,000,000円
(33%安)
3位
価格差:
50,000円
(33%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

店舗内装工事の施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る