屋根葺き替えのリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

屋根の葺き替えには、屋根材を全て取り替える葺き替えと既存の屋根材の上から新しい屋根材を張る重ね葺きがあります。
紫外線や雨風にさらされる屋根は劣化もしやすく、劣化が進むと雨漏りやひび割れなどの原因となるため定期的に葺き替えを行うなどのメンテナンスが必要です。
屋根の葺き替えの場合、既存の屋根材と同じものでなく違った屋根材に葺き替えることも可能なため、できるだけ耐久性の高い屋根材での葺き替えを行うと良いでしょう。
地震の際の落下や倒壊防止の面で、重い瓦から軽量瓦やガルバリウム鋼板への屋根葺き替えも人気となっています。

屋根の葺き替えは比較的高額なリフォームのため、保証やアフターメンテナンスが充実している業者さんを選ぶようにしましょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

金属屋根から瓦屋根への葺き替えは危険?屋根の重量と家の強度

軽量が特長のひとつでもある金属系の屋根と、重量のある瓦屋根では7倍近くも重さが違うこともあります。
既存の屋根材と異なる種類の屋根材にリフォームする場合、住宅の強度に注意する必要があります。

image3

金属屋根から瓦に葺き替える際には、屋根の重量に住宅が耐えられる設計になっているかどうか確認することが大切です。

軽量な金属屋根を使用した住宅では、設計時に柱の太さや強度を軽量な屋根に合わせて小さめにしてある場合があるためです。

屋根材の中でも特に軽量なガルバリウム鋼板屋根の場合、重量は1坪あたり22kg前後です。次点としてコロニアルなどのスレート屋根の場合でも1坪あたりの重量は68kg程度です。

それに対して瓦屋根の重量は、和瓦で1坪あたり165kg程度、平板瓦でも146kg程度もあります。

もともと金属屋根やスレート屋根などの住宅として設計された場合、金属屋根の7倍近くも重量のある和瓦などへの葺き替えを行うと柱や壁などの強度が不足しており安全性の面で問題が発生してしまう場合もあります。

住宅の強度の確認を行うほか、重量のある粘土系の瓦ではなく軽量のセメントや樹脂製の瓦を使用した屋根葺き替えを行う方法もあります。

セメント瓦は、瓦の重厚な雰囲気はありながらも1坪あたりの重量が64kg程度でスレート屋根と同程度となっています。

屋根は葺き替え?カバー工法?それぞれのメリットとデメリット

屋根のリフォームには、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を葺きなおす「葺き替え」と、既存の屋根材の上から新しい屋根材を重ねる「カバー工法」があります。

image3

既存の屋根材を撤去せずに新しい屋根材を重ねるカバー工法は、屋根材の撤去費用が必要ないことや工期が短くて済むということなどから人気です。

しかし、カバー工法にはデメリットもあり、一番のデメリットとしては屋根の重量が増えてしまうという点にあります。

一番人気の高い、スレート屋根の上にガルバリウム鋼板屋根を葺くカバー工法の場合でも、1坪あたり既存屋根68kg+新屋根22kg程度となります。

スレート屋根の上にスレート屋根を重ねる方法などではさらに重量が増してしまい、家の強度や震災時への影響が懸念されます。

また、火災保険によってはカバー工法でリフォームした屋根の場合、天災等で保険を適用したい時に保険の適用外になってしまうというケースもあります。

カバー工法で屋根のリフォームを行う場合には、家の強度が充分であるかという点と火災保険の契約内容を確認しておくことが重要です。

屋根の葺き替えでは、屋根の撤去費用と工期はカバー工法よりもかかりますが、雨漏りなどの劣化が発生した際に修理がしやすいなどのメリットもあります。

ただし、2000年以前に作られたスレート屋根ではアスベストを含有する場合があるため、葺き替えの場合には特殊工法によって既存屋根を撤去処分する必要があり費用もかかるため、既存屋根の上からカバー工法で対応するケースが多いです。

耐震、耐久性UP|屋根葺き替えのタイミングや種類、費用など

住んでから年数が経過してくると、そろそろ建物のリフォームが気になってくるのではないでしょうか。 今回は屋根の葺き替えについてまとめてみました。 葺き替えのメリットやタイミング、種類、費用など気になる所をお伝えしていきます。 屋根のリフォームについてご検討中の方、是非参考にしてみて下さい。

耐震、耐久性UP|屋根葺き替えのタイミングや種類、費用など

屋根で地震対策も出来ます!屋根の葺き替え工事による地震対策と費用相場

お家の耐震が気になる方に……実は屋根の葺き替え工事でも耐震が出来ます! 屋根のリフォームと同時に屋根の耐震も考えてはいかがですか? お得な助成制度が適用される場合もあります。

屋根で地震対策も出来ます!屋根の葺き替え工事による地震対策と費用相場

屋根葺き替えに人気の屋根材の種類とその特徴とは?

屋根の葺き替え工事をする際、知っておきたい屋根材の種類や実際に気を付けるべきことについてご紹介していきます。屋根葺き替えは高額なリフォームなので、しっかりと検討してから屋根葺き替えをしましょう!

屋根葺き替えに人気の屋根材の種類とその特徴とは?

屋根工事する前に!屋根工事で多い5つの質問とは?

家は定期的なメンテナンスが必要となります。その代表例が屋根です。定期的な屋根工事は、屋根を長持ちさせます。ですが屋根工事は分からないことが多いです。代表的な屋根工事に関する質問にお答えします。

屋根工事する前に!屋根工事で多い5つの質問とは?

どんな屋根種類がある?屋根種類と屋根価格を教えて!

戸建住宅に必ず必要な屋根。屋根種類にはどのようなものがあるのでしょうか?一般的な屋根種類の特徴と屋根価格、屋根種類のメンテナンスについて分かりやすく解説します。新築屋根や屋根リフォームをお考えの方は参考にしてください。

どんな屋根種類がある?屋根種類と屋根価格を教えて!

屋根葺き替えの価格相場

屋根葺き替えでは、60万円~90万円が、最多の価格相場となっています。
主な工事例としては、屋根の葺き替えの中でも瓦屋根からガンバリウム鋼板への葺き替えやなどが挙げられます。また、90万円~120万円という価格帯では、コロニアル屋根の葺き替え工事や屋根の重ね張りなどの工事も見られます。
一方、比較的高額となる300万円以上の葺き替えリフォームもあり、内容としては瓦屋根の葺き替えや、コロニアル屋根の上への重ね張り、屋根のフキ直しリフォームなどとなっています。

屋根葺き替えに対応可能な業者さん 314社

みんなのクチコミランキング

1位

平峰木工所

140   99% 登録日: 2011/04/19
50代 男性 

依頼から工事完了まで、スムーズに
進みました。応対も丁寧にしていただきました。

依頼から工事完了まで、スムーズに
進みました。応対も丁寧にしていただきました。

50代 女性 

対応も早く、休日にも来て頂けました。工事も早く助かりました。また何かあったら頼みたいと思います。

対応も早く、休日にも来て頂けました。工事も早く助かりました。また何かあったら頼みたいと思います。

40代 男性 

金額の回答が明確なおかつ安かったです

金額の回答が明確なおかつ安かったです

もっと見る 
2位

夢木家 グループ 夢木家建築設計事務所

105   99% 登録日: 2008/03/12
40代 女性 

迅速に対応していただきました。

迅速に対応していただきました。

30代 男性 

安いとおもいます

安いとおもいます

20代 男性 

相見積もりした中で一番安かった

相見積もりした中で一番安かった

もっと見る 
3位

リズナ

91   94% 登録日: 2015/03/16
30代 女性 

価格が安く、修理も迅速にしていただけました。

価格が安く、修理も迅速にしていただけました。

40代 女性 

時間はかかりましたが換気扇をきちんと取り付けてもらえました。

時間はかかりましたが換気扇をきちんと取り付けてもらえました。

40代 男性 

すぐに対応して頂いたところ
価格が予想以上に安かったと

すぐに対応して頂いたところ
価格が予想以上に安かったと

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根葺き替え見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
350,000円
(35%安)
2位
価格差:
800,000円
(35%安)
3位
価格差:
960,000円
(35%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根葺き替えの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る