屋根塗装・塗り替えのリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

屋根は普段目につかない場所のため劣化に気付きにくい部分でもあります。
しかし紫外線や雨など過酷な環境にさらされている屋根は、定期的に屋根塗装などのメンテナンスが必要となります。
屋根の塗り替えを行うことで錆やひび割れを防止したり、屋根を保護することができます。
屋根塗装に使われる塗料はアクリル、シリコン、ウレタン、フッ素などがあり、ウレタンやシリコン塗料での塗装が人気です。
室内温度を下げる効果のある遮熱塗料を使用した屋根塗装も人気となっています。

屋根の塗装の際には足場が必要なため、同じく足場を必要とする外壁塗装と同時に行うと費用面でお得になります。
また、外壁塗装とのセットで割引になる業者さんもあるため、屋根塗装と外壁塗装を同時に行えるよう、塗料の種類によってメンテナンス時期を合わせることも可能です。
屋根塗り替えの際には塗料の耐久性や遮熱性などを考慮し、また業者さんでのアフターメンテナンスの有無にも注意しながら選択すると良いでしょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根塗装の塗料選びで塗装費用をお得にするコツとは

屋根塗装には足場が必要なため、外壁塗装と耐用年数を上手に合わせることで費用をお得にすることができます。

image3

「屋根の塗装をするために足場を設置したばかりなのに、しばらくして外壁塗装のためにまた足場を設置することになった」という失敗談は少なくありません。

屋根の塗装には足場が必要ですが、外壁の塗装にも足場が必要なのです。
そのため、屋根塗装と外壁塗装を一度に行えば足場費用の節約に繋げることができます。

屋根塗装に使用する塗料には、耐用年数3年程度のアクリル塗料、耐用年数5年~8年程度の水性ウレタン塗料、耐用年数10年~13年程度のシリコン塗料、耐用年数12年~15年程度のセラミックシリコン塗料、耐用年数15年~20年程度のフッ素塗料、耐用年数20年程度の遮熱塗料や断熱塗料などがあります。

屋根と外壁の塗装を同時に行うようにするためには、屋根塗装に使用する塗料の方をワンランク上のものにしておくことをおすすめします。

屋根と外壁では、紫外線や雨風の影響を直に受ける過酷な環境である屋根の方が劣化が早く耐用年数が短くなりがちな傾向にあるためです。

そのため、外壁にシリコン塗料を使用したら屋根にはセラミックシリコン塗料を使用するなど、屋根と外壁の耐用年数がほぼ同じくらいになるよう調整すると良いでしょう。

「遮熱塗料」と「断熱塗料」は価格も機能も違う!

屋根裏や2階部分などが暑くて悩んでいる人に人気なのが遮熱や断熱効果のある塗料ですが、遮熱塗料と断熱塗料は別物なので注意が必要です。
断熱塗料の方が機能性が高く、工程が多いため遮熱塗料よりも高価です。

image3

遮熱塗料は太陽光や紫外線などを反射する仕組みの塗料です。
それに対して断熱塗料は熱をため込むことによって熱の伝導を防ぐ効果を持った塗料のことを指し、構造が全く違った塗料となっています。

断熱塗料は塗装工事の工程が多くなるため費用が高額になりがちです。

また、断熱塗料には保温効果や防音効果がありますが、遮熱塗料の場合には保温効果や防音効果は期待できません。

「保温効果もあると思ったのに、遮熱塗料だったため保温効果が感じられなかった」という失敗談もあるため、塗料の種類や特性をしっかり理解しておくことが大切です。

「セラミックシリコン塗料でこの価格!」に要注意なワケ

屋根塗装の塗料を選ぶ際には、シリコンやセラミックの含有率に注意する必要があります。

image3

業者の中には、セラミックを少しだけ混ぜただけの塗料を使用しておきながら「セラミックシリコン塗装でこの価格!」などと安価であることをアピールする業者もいます。

しかし、重要なのはセラミック成分の含有率です。
シリコン塗料の場合も同様に、どれくらいシリコン成分が入った塗料なのかというポイントが大切となります。

セラミック成分やシリコン成分の含有率によって耐用年数や機能性が変わってくるため、「この価格!」という言葉だけに惑わされず、しっかりと塗料についての説明を受けることが大切です。

良心的な業者であればどのような塗料を使用するのか説明してくれるはずですので、確認してみると良いでしょう。

屋根の断熱・遮熱塗装で暑い夏を快適に過ごしましょう

暑い夏を涼しく乗り切りたい、そんな方にお勧めなのが屋根の断熱・遮熱塗装です。 断熱・遮熱塗装をするとお部屋の中に伝わる熱を抑え、夏場の室温の上昇を抑えることが出来ます。 同時に夏の熱中症対策、エアコンなどの電気代の節約、建物の耐久性向上、などの効果もあり、コストパフォーマンスの高い方法でもあります。 今回は屋根塗装の費用やメリットなど気になる点をまとめてみました。 是非参考にしてみて下さい!

屋根の断熱・遮熱塗装で暑い夏を快適に過ごしましょう

瓦修理・補修/知っておきたい瓦の種類とそれぞれのメンテナンス方法

伝統的な日本の家屋に使われる屋根材、「瓦」。とても丈夫で長持ちしますが、一年を通して、太陽熱、雨風、雪、などにさらされ続けています。そのため、他の建材と同様、劣化が起こったり、一部が割れたり雨漏りがすることもあり得ますので、定期的なメンテナンスが必要です。今回は、瓦修理・補修の際に知っておきたい、瓦の種類とそれぞれのメンテナンス方法について調べました。

瓦修理・補修/知っておきたい瓦の種類とそれぞれのメンテナンス方法

築5年からの屋根の定期メンテナンス|屋根塗装の費用と塗装するタイミングの見分け方

屋根の塗装は定期的に見直す必要があります。 再塗装のタイミングや費用についてまとめました。 適切なタイミングで屋根のメンテナンスをしていきましょう。

築5年からの屋根の定期メンテナンス|屋根塗装の費用と塗装するタイミングの見分け方

屋根塗装の種類と費用

屋根塗装を初めてする方も多いと思います。屋根塗装の種類や費用など分からないことがたくさん!屋根塗装をする前に知っておくと良いことを調べました。屋根塗装する際、知っておきたい塗料の種類や特徴についてご紹介していきます。

屋根塗装の種類と費用

外装塗装|外装塗装の費用と内容<外装塗装をお得にするには?>

外装塗装の部位から塗料別の費用、外装塗装の人気の色まで一挙大公開!読めば外装塗装をお得に行うコツまでわかっちゃいます。外装塗装をご検討中の方は、ご参照ください。

外装塗装|外装塗装の費用と内容<外装塗装をお得にするには?>

屋根塗装・塗り替えの価格相場

屋根塗装・塗り替工事でかかる価格相場は、20万円~40万円となっています。
具体的な工事内容としては、屋根瓦の塗装メンテナンスや、スレート屋根の塗装工事などが挙げられます。
また、20万円以下では同じくスレート屋根の塗装工事や、木造住宅の屋根の塗装などがありますし、逆に40万円以上では、いろいろな屋根の塗装工事があてはまります。

屋根塗装・塗り替えに対応可能な業者さん 419社

みんなのクチコミランキング

1位

備中屋

142   97% 登録日: 2013/01/28
50代 女性 

速くて、親切

速くて、親切

40代 男性 

とても素早く対応して頂き、説明も分かりやすく修理の質も高かった点。

とても素早く対応して頂き、説明も分かりやすく修理の質も高かった点。

30代 男性 

びっくりするくらい、完璧に修復して頂きました

びっくりするくらい、完璧に修復して頂きました

もっと見る 
2位

平峰木工所

140   99% 登録日: 2011/04/19
50代 男性 

依頼から工事完了まで、スムーズに
進みました。応対も丁寧にしていただきました。

依頼から工事完了まで、スムーズに
進みました。応対も丁寧にしていただきました。

50代 女性 

対応も早く、休日にも来て頂けました。工事も早く助かりました。また何かあったら頼みたいと思います。

対応も早く、休日にも来て頂けました。工事も早く助かりました。また何かあったら頼みたいと思います。

40代 男性 

金額の回答が明確なおかつ安かったです

金額の回答が明確なおかつ安かったです

もっと見る 
3位

夢木家 グループ 夢木家建築設計事務所

105   99% 登録日: 2008/03/12
40代 女性 

迅速に対応していただきました。

迅速に対応していただきました。

30代 男性 

安いとおもいます

安いとおもいます

20代 男性 

相見積もりした中で一番安かった

相見積もりした中で一番安かった

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根塗装・塗り替え見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
380,000円
(35%安)
2位
価格差:
380,000円
(35%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

屋根塗装・塗り替えの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る