天井リフォームのリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

天井リフォームや天井リノベーションは、和室から洋室への変更をした場合に部屋全体の雰囲気に合わせる目的で行う場合が多いです。
その他、壁のリフォームを行う際に同時に天井のリフォームも行うといったケースもよくあります。
天井は普段触れる機会が少ない場所ですが、気付かないうちに汚れや劣化が目立っている場合もあります。
天井リフォームを行う場合、壁などのリフォームを行う機会に同時にリフォームをすると工事費などがお得になる場合があります。

クロス張りの天井の場合、リフォームの際には周囲の壁とのバランスを考慮してクロスを選択する必要があります。
クロスによっては天井が低く見えてしまうこともあるため、内装専門業者さんなどに相談しながらクロスを選ぶと安心です。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

さらに細かく見る

天井の汚れや劣化が目立ってきた場合、天井塗装が有効です。特に喫煙者がいる家でのヤニ汚れなどは、定期的に天井の塗装を行うことできれいな状態を保つことが可能です。

天井は構造上、少しの衝撃で破損しやすいものです。天井修繕はボードの交換やクロス張替えといった工事を行うことがほとんどで、比較的お手頃な費用で済む場合が多いです。

シーリングファンなどの重い照明器具を天井に取り付ける場合、天井補強が必要です。また、場合によっては室内物干し設置の場合などにも天井補強が必要となる場合があります。

天井を高くするリフォームを行う際には、天井解体を行います。天井解体をして天井を数センチ上げるだけで開放感が生まれ、お部屋が広く見える効果が期待できます。

壁材よりも暗めの色で仕上げる

天井仕上げ材は基本的に壁材の色に合わせ、壁材よりも少し暗めの色を選ぶと良いでしょう。

image3

天井リフォームで天井の仕上げの色選びをする場合の基本は壁の色に合わせることです。天井材と壁材が全く違う色だったり、柄物のクロスで仕上げてしまったりすると違和感があり落ち着かない雰囲気になってしまうことが多いです。

そのため、壁の色に合わせた天井仕上げにすることが基本となります。

実際に張った際にサンプルよりも少し明るく見える傾向にあるため、サンプルで天井仕上げ材を選ぶ際には理想よりもわずかに暗めの色を選択しておくと失敗がありません。迷った時にはどんな壁紙にも合わせやすい白色のクロスを選択するのも手です。

天井断熱を行ったら、換気も配慮

天井に断熱材を入れるリフォームは、家の断熱性向上のために有効です。
しかし、小屋裏部に湿気が溜まりやすくなるので換気対策が必要です。

image3

特に2階部分の断熱性向上のための天井リフォームとして、グラスウールなどを入れる工事が有効です。

その際、屋根の妻壁側や棟部分に換気口を設けるようにしましょう。
換気口がないと屋根からの熱が小屋裏部分にこもってしまい、湿気によって家を傷める原因となりかねません。

天井を高くする場合は配管状況に注意

天井を高くするリフォームでは天井裏の状況を事前に確認してプランニングを行うことが大切です。
エアコンのダクトなど、移動ができないものもあります。

image3

天井リフォームで人気が高い工事として、天井の高さを上げるというものがあります。

天井が低い家は圧迫感があり、実際の広さよりも部屋が狭く感じられてしまう場合があるため、天井の高さを上げるリフォームは有効です。

この際、天井裏を確認するなど、実際の天井の状況を把握する現地調査が重要となります。
天井を解体して高さを上げる場合、障害となるのがエアコンのダクトと換気扇などの換気口です。
この二つは基本的に移動することができないためその点を考慮してプランニングすることが大切となります。

また、天井が高くなりすぎると冷暖房効率が悪くなりがちなため、2.4m~2.5mの天井高にしておくと良いでしょう。

シーリングファンの取り付け方法や天井高にあった種類は?

見た目がおしゃれなだけでなく、機能性も優れているシーリングファンですが、取り付けには注意点があります。シーリングファンは、意外と重量があるので、天井の補強リフォームが必要になってくる場合もあるのです。今回は、シーリングファンの取り付け方法や、シーリングファンの効率をあげるための天井高にあった種類について調べてみました。

シーリングファンの取り付け方法や天井高にあった種類は?

シーリングファンを取り付けよう!シーリングファンのメリット・デメリットや取り付け時の注意点

憧れのマイホームを手に入れたら、リビングや吹き抜け空間に、外国の住宅みたいなシーリングファンを取り付けたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?シーリングファンは、見た目がおしゃれなだけでなく、機能性も優れているんですよ!今回は、シーリングファンのメリット・デメリットや取り付け時の注意点などをお伝えします。

シーリングファンを取り付けよう!シーリングファンのメリット・デメリットや取り付け時の注意点

天井補強リフォーム/シャンデリアやシーリングファンの取り付け時には天井の強度にご注意を!

ご自宅のリビングや吹き抜けの玄関に、シャンデリアやシーリングファンがあると素敵ですよね。さっそくネットで購入して取り付けよう!と思ったあなた!ちょっとお待ちください!シャンデリアやシーリングファンは、思った以上に重量があるため、現状の天井のままだと天井材ごと落ちてくる可能性もあるんです!シャンデリアやシーリングファンの取り付け時には天井の強度にご注意ください。今回は、天井補強リフォームについて調べました。

天井補強リフォーム/シャンデリアやシーリングファンの取り付け時には天井の強度にご注意を!

和室天井リフォームは、塗装か壁紙クロスの張替えがおすすめです!

和室天井は、洋室と違い板を張ってあることが多いのですが、和室を洋室リフォームするにあたり、この板張りの和室天井をリフォームしてみたい方必見!和室天井リフォームは、塗装か壁紙クロスの張替えがおすすめですよ!DIYでリフォームしたい方へのアドバイスや、業者さんに依頼した場合の費用目安も合わせてお伝えします。

和室天井リフォームは、塗装か壁紙クロスの張替えがおすすめです!

天井の補強工事のポイントと価格相場、最新軽量天井材を一挙ご紹介!

天井の補強工事が必要となるケースとして、代表的なものに「シャンデリアやシーイングファンなどの重量がある設備を取り付ける場合」と「天井の耐震工事を行う場合」があります。同じ天井補強工事という名目でも、同じ内容の工事を行うわけではないので、費用や工事方法も異なるようです。そこで今回は、両方の天井補強工事について価格相場を紹介するとともに、最新の軽量天井材もいくつか見ていきたいと思います。

天井の補強工事のポイントと価格相場、最新軽量天井材を一挙ご紹介!

天井の解体工事の方法と価格相場、注意点を一挙ご紹介!

天井を解体する、と言われてもピンとこない人は多いかもしれませんね。低い天井を高くしたり、普通の平らな天井から梁や配管がむき出しになっている天井へと様変わりさせたりと言ったリフォームには、天井解体は欠かせないようです。しかし天井を解体するには手間もお金もある程度かかります。一方で、最近はDIYとしてご自身で天井を解体する工事を行う人も多いようです。

天井の解体工事の方法と価格相場、注意点を一挙ご紹介!

天井リフォームの価格相場

天井リフォームに多く見られる価格帯としては、2万円~4万円となっています。
具体的にこの価格帯で見られる天井リフォームの内容としては、天井の壁穴の補修や、和室の天井のクロスへの変更、天井クロスのしみ抜きと張替えなどがあります。
また、次に集中している4万円~6万円の価格帯では、天井の補修なども見られますが、比較的高額な20万円前後となりますと、天井のたわみの修正や板張りなどのリフォーム例が見受けられます。

天井リフォームに対応可能な業者さん 713社

みんなのクチコミランキング

1位

マクスロムインテリアデザイン

クチコミ数:366   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/01/21
40代 女性 

丁寧に修理していただけました。

40代 女性 

すぐに対応していただき、工事も迅速で綺麗な仕上がりでした

20代 男性 

完全に元通りになった。

もっと見る 
2位

備中屋

クチコミ数:171   みんなのおすすめ率:93% 登録日: 2013/01/28
30代 女性 

丁寧に対応いただき、ありがとうございました。
仕上がりもきれいで、助かりました。

30代 女性 

とても上手でした!
親切にして頂きました。

50代 男性 

ドアの修理でしたが、事前に色のサンプルも送っていただきました。
仕上がりも丁寧で満足しています。

もっと見る 
3位

平峰木工所

クチコミ数:154   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/04/19
50代 女性 

管理会社に問い合わせた見積の半額ですみました。

40代 男性 

・施工内容と費用が明確
・現場を見てコストを抑える提案を頂けた
・壁を取り外す際のことも相談出来た

40代 男性 

価格も良く、工事の結果は満足

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

天井リフォーム見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
13,000円
(33%安)
2位
価格差:
10,000円
(33%安)
3位
価格差:
70,000円
(32%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

天井リフォームの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る