増改築工事のリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

例えば同居や子どもの巣立ちなど、家族構成の変化生活の変化に合わせて増改築をするという選択をする人も多いものです。
増築や改築をすることにより、住み慣れた既存の住まいの形態を大きく変えることなくより暮らしやすい家にすることが可能なのです。
部屋数を増やしたり減らしたり、それに伴うリフォームを行うなどで家族の現状に合わせた家にしていくことができます。
増改築工事の際には生活の動線を見直しながらプランを立てることが大切です。

防火地域や準防火地域での増築工事や改築工事には建築確認申請が必要であるなど、確認が必要な箇所もあるため増改築工事に充分な知識を持った業者さんに依頼しましょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

増築ができない建物がある?既存不適格建造物とは

昭和56年6月以前に建てられた住宅の場合、現行の建築基準法に適合していないため増築ができない場合があります。

image3

建築基準法は、昭和56年6月に改正されました。
建築基準法の改正によって耐震基準が新しくなり、構造耐力基準の強化などが行われています。

しかし、昭和56年6月以前に建てられた住宅では新建築基準法に適合していないため「既存不適格建築物」という扱いになっています。

既存不適格建築物には増築を行うことが基本的にはできないのですが、建物を繋がずに独立した建物として新たに建てるなどの方法で増築を行うことができる場合もあります。

建物を繋がない場合、増築部分との行き来の際にいったん外を通る必要がありますが、既存の建物は現行の建築基準法を適用する必要はないとされていますので、増築部分のみに現行の建築基準法を適用すればよいのです。

また、建物を繋いで増築したい場合には、既存部分にも耐力壁などで耐震強度を確保することや既存部分の基礎を補強することなどで増築ができる場合があります。

増築面積が10m2を超える場合には届け出が必要!

増築を行う際、増築面積が10m2を超える場合には役所への申請が必要となります。

image3

増築工事を行う際、意外と見落としがちなのが役所への申請です。
面積が10m2を超えるものを増築する場合には、必ず役所への届け出を行わなくてはならないことになっています。

この届け出は、防火地域や準防火地域以外でも必ず必要となります。
増築物がプレハブのものや倉庫、車庫などであっても同様に申請が必要となっていますので、忘れずに申請を行いましょう。

また、10m2以上の減築をした場合にも届け出を行います。
減築の場合は届け出を行うことで固定資産税の軽減につながる可能性があります。

増築工事は「建ぺい率」をチェック

増築を行う際、敷地いっぱいに建物を増築することはできません。
建ぺい率を確認しておくことが大切です。

image3

増築の際、意外と見落としがちなのが「建ぺい率」です。
建ぺい率は、土地に対して建物を建ててよい割合のことを指します。

一般的には60%前後に指定されていることが多いのですが、増築の場合にも既存の建造物と合計した際に建ぺい率をオーバーしないように考慮する必要があります。

建ぺい率をオーバーした増築を行った際には、違法建築扱いとなり不動産価値が低下するだけでなく、工事の差し止めや工事計画の変更などが必要となってしまうこともあります。

建ぺい率は役所で確認することができるので、増築の際には建ぺい率を考慮しながら慎重なプランニングを行いましょう。

増改築工事の種類と費用の価格相場を徹底解析します!

部屋が手狭になってきたときや、家の老朽化が目立つときなどに適切なリフォームが増改築工事です。増改築工事は決まり事も多く、審査も必要ですが、クリアすれば理想の空間づくりが可能となります。例えばお風呂をもう一つ増やしたい、もしくは2階部分を増設したいなどの要望にもこたえることができる増改築工事。ここでは、そんな増改築工事についてメリットやデメリットのほか価格相場などを紹介していきます。

増改築工事の種類と費用の価格相場を徹底解析します!

増改築の際に気を付けることと実際の施工例の価格

増改築の際に気を付けることと、実際の費用をまとめてみました。その時の状況に応じてどのような増改築が必要なのかは違ってきます。過去の増改築の見積もり事例も紹介しているので、参考までにご参照ください。

増改築の際に気を付けることと実際の施工例の価格

住み慣れた家を増改築工事する際にかかる費用とその増築例

長年住んできた家を、もっと良くしたい・・・そんな願いの元、増改築工事を希望している方向けに、その増改築例と費用の目安をご紹介しています。

住み慣れた家を増改築工事する際にかかる費用とその増築例

増改築工事の価格相場

増改築工事で最も多い価格相場は、90万円以下となります。
90万円以下の増改築工事となると、具体的な工事内容としては減築工事があり、またさらに90万円~180万円の価格帯の工事となると、一部屋の増築工事が多いです。
最も高額な価格帯である810万円以上の増改築工事の例としては、全体的な改築やはなれの増築などがあり、1000万円前後かかる工事もあります。

増改築工事に対応可能な業者さん 558社

みんなのクチコミランキング

1位

マクスロムインテリアデザイン

354   99% 登録日: 2011/01/21
50代 女性 

メールの問い合わせも迅速で好感が持てたので依頼しました。
スムーズに修理していただき、ちょっと不具合いの出ていた別の箇所も見てもらえました。仕事も対応もとても丁寧なのでマクスロムインテリアデザインさんは信頼できると思いました。

メールの問い合わせも迅速で好感が持てたので依頼しました。
スムーズに修理していただき、ちょっと不具合いの出ていた別の箇所も見てもらえました。仕事も対応もとても丁寧なのでマクスロムインテリアデザインさんは信頼できると思いました。

50代 男性 

仕上げも丁寧で大変満足しています。

仕上げも丁寧で大変満足しています。

20代 男性 

対応が迅速で丁寧でした。

対応が迅速で丁寧でした。

もっと見る 
2位

備中屋

142   97% 登録日: 2013/01/28
50代 女性 

速くて、親切

速くて、親切

40代 男性 

とても素早く対応して頂き、説明も分かりやすく修理の質も高かった点。

とても素早く対応して頂き、説明も分かりやすく修理の質も高かった点。

30代 男性 

びっくりするくらい、完璧に修復して頂きました

びっくりするくらい、完璧に修復して頂きました

もっと見る 
3位

平峰木工所

140   99% 登録日: 2011/04/19
50代 男性 

依頼から工事完了まで、スムーズに
進みました。応対も丁寧にしていただきました。

依頼から工事完了まで、スムーズに
進みました。応対も丁寧にしていただきました。

50代 女性 

対応も早く、休日にも来て頂けました。工事も早く助かりました。また何かあったら頼みたいと思います。

対応も早く、休日にも来て頂けました。工事も早く助かりました。また何かあったら頼みたいと思います。

40代 男性 

金額の回答が明確なおかつ安かったです

金額の回答が明確なおかつ安かったです

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

増改築工事見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
500,000円
(33%安)
2位
価格差:
1,000,000円
(33%安)
3位
価格差:
1,000,000円
(25%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

増改築工事の施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る