鉄筋コンクリート住宅は安い?鉄筋コンクリート住宅の坪単価価格を徹底比較!

鉄筋コンクリート住宅の坪単価の価格は?

image

鉄筋コンクリート住宅はそのデザイン性や機能性などで、最近は特に人気の工法です。 従来はマンションやビルなど中規模以上の建物に鉄筋コンクリート造は用いられていましたが、最近は一般家庭が鉄筋コンクリート住宅を建築することも珍しくありません。

しかし、鉄筋コンクリート住宅の坪単価価格は、木造住宅の坪単価価格などに比べるとやはり高い現状があります。
鉄筋コンクリート住宅を諦める理由として、最も多い理由がその「価格」です。 でも、鉄筋コンクリート住宅の価格は本当に高いのでしょうか?
様々な角度から鉄筋コンクリート住宅の価格を検証してみましょう。

工法別、住宅坪単価の価格は?

住宅には木造住宅や鉄骨造住宅や鉄筋コンクリート住宅など、様々な工法で建てられた住宅があります。住宅の坪単価の価格もそれぞれです。

image

建築会社やグレードなどにより坪単価価格には開きはありますが、一般的な坪単価の価格帯は上記のグラフのようになります。
やはり一般的には、鉄筋コンクリート住宅の坪単価の価格が最も高くなります。

鉄筋コンクリート住宅は本当に高いか?

住宅には寿命があります。 一般的に木造住宅の場合、30年前後で建て替えるケースが多いです。 鉄筋コンクリート住宅は非常に強いので、もちろん寿命は長くなります。
新築時の坪単価価格だけをみると、鉄筋コンクリート住宅の価格は高いですが、寿命を考慮するとどうでしょうか?

住宅法廷耐用年数から見る価格

image

上のグラフは住宅の構造別に法律で定められている耐用年数です。
法定耐用年数では、木造住宅が22年、鉄骨造住宅が34年、鉄筋コンクリート住宅が47年と定められています。
既出の坪単価参考価格の中間値(木造住宅が坪単価価格55万円、鉄骨造住宅が坪単価価格70万円、鉄筋コンクリート住宅が坪単価価格80万円)を、この法定耐用年数割ってみると、一年あたりの坪単価価格がでます。

image

耐用年数1年あたりの坪単価価格は、木造住宅で2.5万円、鉄骨造住宅で2.1万円、鉄筋コンクリート住宅で1.7万円となります。
鉄筋コンクリート住宅の単年坪単価価格は、木造住宅の単年坪単価価格よりもなんと32%も安いのです。
つまり、長いスパンで考えると鉄筋コンクリート住宅が最も安くなる計算です。

木造住宅を30年後に建て替えるのと、鉄筋コンクリート住宅を建てて60年建て替えないのでは、鉄筋コンクリートの方が大幅に安くなります。 仮に鉄筋コンクリート住宅で一度大規模リフォームを行っても、鉄筋コンクリート住宅の方がトータル価格は安くなるでしょう。

image

注文住宅一括資料請求「持ち家計画」
複数のハウスメーカーや工務店から一括で資料請求ができます。

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てたいあなたに地域密着型の優良業者をご紹介!地元ならではの親切・安心の対応でローコスト住宅(低価格住宅)もおまかせ。簡単入力で複数ハウスメーカーや工務店の資料が無料一括請求できます。

image

長く住み続けられる家が結局安い

image

坪単価価格30万円の家でも、二十数年程度しか住めないとなると、決して安くありません。建て替えの費用どころか、さらに解体費用などが必要になってしまいます。
また、廃材などを考えると環境にもよくありません。
どうしても目先の安さにとらわれてしまいがちですが、しっかりと耐用年数を考慮しましょう。

鉄筋コンクリート住宅が長持ちする訳

image

■180mm厚の壁式構造
鉄筋コンクリート住宅には、木造住宅を大幅に上回る外力に対する強さがあります。中でも鉄筋コンクリート壁式構造は、壁・床・天井の6面体(ダイアフラム)全体を鉄筋コンクリートで構成。面全体で地震や台風などの外力を受け止めるため強度的にも最も優れていると評価されています。

image

■継ぎ目のない構造
住宅の基礎は建物の荷重を支え、不同沈下を防ぎ、台風や地震などの力を大地に分散させる重要な部分です。
鉄筋コンクリート住宅では建物と一体化した鉄筋コンクリート造基礎を採用。一般的な木造住宅基礎を大幅に凌ぐ鉄筋量が使われるため、構造的に強固になります。しかも木造は布基礎(帯状の基礎)が主流なのに対して、ベタ基礎で継ぎ目がない構造なので四方からの力にもしっかり対応します。
継ぎ目のない構造が、外力を分散するので耐震性などに優れています。

image

image

image

■基礎鉄筋
鉄筋量は一般木造住宅の10倍使われています。しっかり密に敷き込んだ鉄筋が強固な基礎のヒミツです。

■基礎・躯体一体構造
基礎と躯体が箱のように一体となったモノコック構造。面全体で地震や台風などの外力を受け止めるため、強度的に最も優れています。

■コンクリート構造体
180mm厚のコンクリートで躯体が造られているため、鉄筋コンクリート住宅は、家まるごと耐火構造です。火災に対する安全性は一般木造などとは圧倒的に違います。また、耐火構造であることで、都市部の防火地域にも建築が可能です。
180mm厚のコンクリートと54mm厚の断熱材で内外の音も遮断。交通量の多い道路に面していても、深夜の住宅街の静けさを保ちます。

■発砲断熱材
54mm厚の発砲断熱材により優れた断熱性能を発揮。快適でしかも経済的な省エネ空間をつくります。

■高断熱複層ガラスサッシ
高断熱複層ガラスサッシを使用することで高い省エネ効果が得られるとともに窓の不快な結露を抑えます。また、複層ガラスサッシは遮音性も優れています。

■一体型壁構造
コンクリートと断熱材を一体化し、空気層のない構造のため、躯体を痛める要因の壁体内結露や、健康に害を及ぼすカビやダニの発生もありません。

image

image

鉄筋コンクリート住宅の施工実績

image

image

image

image

image

注文住宅一括資料請求「持ち家計画」
複数のハウスメーカーや工務店から一括で資料請求ができます。

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てたいあなたに地域密着型の優良業者をご紹介!地元ならではの親切・安心の対応でローコスト住宅(低価格住宅)もおまかせ。簡単入力で複数ハウスメーカーや工務店の資料が無料一括請求できます。

image

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。