浴室ドア取り付け交換|人気の浴室ドアと選び方のコツ

image

浴室の入り口に付ける浴室ドアは、まずは部屋のスペースに併せて選んでいくと良いでしょう。
開き戸、中折れ戸、引き戸など種類があり、限られた空間でも取り付けることが出来ます。
また防カビや安全ロック等の機能が付いているものもあるので、必要に応じて選んでいきましょう。
今回は浴室ドアを賢く選ぶ為のポイントや、取り付けの費用目安等をお伝えしていきます。
浴室選びの際に是非参考にして見て下さい。

浴室ドアの種類

浴室ドアには大きく分けて、3つの種類があります。
一部のシステムバスなどでは、選ぶ種類が限られている場合もありますが、浴室ドアも浴室を構成する重要なパーツなので、合うものを選んでいきましょう。

image

・開き戸タイプ
通常のドアのようなタイプです。
開閉の為に、浴室側か洗面側にある程度のスペースが必要です。
浴室側に開くタイプにした場合、入浴中にドアによりかかるようにして倒れてしまった場合、開閉が出来なくなる恐れもあるので、脱衣所側からドアが外せる等、予防措置を取ることをお勧めします。
デザインや材質、ドアノブ等色々と種類があるので、浴室の雰囲気に併せて選べます。

image

・中折れ戸タイプ
扉の中間部分が折れて開閉するタイプです。
一般的には折れる個所が1か所のものが多いですが、2か所のタイプもあり、広さに応じて選ぶことが出来ます。
開き戸に比べ、開閉に必要なスペースは半分程で済むため、限られた空間であっても上手に利用することが出来ます。
中桟のあるタイプとないタイプ等、デザインも幾つかあるので、浴室の雰囲気に併せて選ぶと良いでしょう。

image

・引き戸タイプ
扉を並行にスライドさせて開閉するタイプです。
開閉にスペースが必要ないため、限られたスペースでも設置することが出来ます。
1枚引き戸タイプ、2枚引き戸タイプ、3枚引き戸タイプ、引き違いタイプなどの種類があります。
このタイプは万が一入浴中の人が倒れたとしても、ドアを開閉することが出来るので、もしもの場合も安心です。

浴室ドアの選び方

浴室ドアを選ぶ際に着目したい点を幾つか挙げてみました。
是非参考にして見て下さい。

image

・空間
浴室ドアを設置する際に初めに考えるのが開閉の為のスペースをどれだけ取れるか、という点です。
一般に、開き戸タイプ、中折れ戸タイプ、引き戸タイプの順に、開閉の為のスペースを必要とします。
浴室、洗面所のスペースに応じて選びましょう。

・換気性
浴室ドアに換気口が付いていると、ドアを閉めた状態でも換気が行われ、カビの予防になります。
効率的な換気が出来たり、換気口部分がお掃除しやすいようになっているものを選ぶと後々便利です。
換気口も下桟についているものだけではなく、中桟部分や上部に設置したものもあります。

image

・安全ロック
乳幼児等のいる場合、勝手にお風呂場に侵入しないように、外側から鍵をかけることが出来ます。
目を離すことが不安な場合、このような安全策があると安心です。

・非常の時に扉を開けられる
お風呂の中で急に倒れてしまった場合、素早く看護することが大切です。
しかしお風呂の扉を内側からロックされていたり、お風呂のドアによりかかるように倒れていた場合、ドアを開けられないことがあります。
この時、ロックを外側から外したり、簡単にドアを取り外せるような仕組みがあるともしもの時も安心です。
お風呂の中でのこのような事故はお年寄りが多いですが、若い方でも起こりうるので、備えのしっかりしているドアを選びましょう。

image

・防カビ
浴室ドアでは、防水の為にパッキンを用いていることが多いですが、湿度が高いとパッキンの部分にカビが発生して黒ずんできてしまいます。
カビを防ぐタイプのパッキンを選べばお掃除も楽になります。

・レールの高さ
中折れ戸タイプ、引き戸タイプの場合は、レール部分の高さにも注目すると良いでしょう。
あまり段差があると、入浴時に引っかかって転倒することもあります。
特にお年寄り等、足に不安がある方は、なるべくフラットなタイプを選びましょう。

image

・デザイン性
中桟の有無や、取っ手部分のデザイン等、浴室ドアには色々な種類があります。
素材がガラスで出来たものは、解放感もあるため特に人気があります。
浴室の雰囲気に合ったデザインを選ぶと良いでしょう。

・開閉がスムーズか
浴室のドアの開閉がスムーズに行えるか、実際にチェックしてみるといいでしょう。
レール部分に摩擦が少なく動かせるか、ドアが重すぎることはないか、取っ手の位置はつかみやすい所にあるか、等チェックしてみるといいでしょう。
展示場に行って、実物を触ってみることをお勧めします。

人気の浴室ドア

価格コムで閲覧数の多い浴室ドアをご紹介します。
費用は1~2万円程です。

image

浴室ドア 建具 浴室2枚折ドア トステムSF型完成品 内付型
15,150円
お風呂場側への開閉スペースを小さくできる中折タイプの浴室2枚折戸です。
非常救出機構、防カビパッキンを搭載。

image

浴室ドア トステム 浴室引き戸 片引き戸・外引き型(脱衣室側)
18,950円
耐蝕・水密・気密性に優れた浴室用片引き戸です。

image

TOSTEM 浴室ドア 浴室中折ドアME型完成品 内付 U-1★★-750J
20,571円
樹脂パネルの中折れタイプの浴室ドアです。

image

浴室ドア 【特注・取替用】YKKap 取替用浴室2枚折ドア リフォーム枠【上下アタッチメント工法】
22,620円

2枚折れ戸から2枚折れ戸へのリフォーム専用です。
既存の枠はそのままでほとんどの古い浴室2枚折戸の取替に対応できます。

費用目安

image

浴室ドアの取り付け、交換にかかった費用をグラフで見てみましょう。
グラフは家仲間コムに寄せられた浴室ドア取り付け、交換にかかった費用の割合を表しています。
かかった費用は6~8万円が一番多く全体の30%以上を占めています。
全体的に見て10万以下が85%になるので、費用を考える時は10万円以下くらいと考えて良いでしょう。
具体的には、取り付けの工賃が1~3万円位+ドアの本体価格となってきます。
また、例えば既存のドア枠を撤去して、新しいドアを設置する、等の場合は撤去費用や新しいドア枠を設置する費用がかかってきます。
先ずは見積もりを取ってみることをお勧めします。

image

浴室ドア取り付けの無料見積もりが可能

image

浴室ドア取り付けをご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、浴室ドア取り付けに対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。