バリアフリーリフォーム/トイレを引き戸にして車いすでも出やすい工夫。

image

バリアフリーリフォームをするにあたって、一番考えなければいけないのがスペースの問題です。
特に車いすを利用される方がご家族にいらっしゃると、車いすの大きさ+回転したり、前後に動けるスペースが必要になります。
トイレを引き戸にして車いすでも出やすい工夫をしてみましょう。

トイレの出入り口

トイレの出入り口は、特に車いすの場合は注意が必要です。
内寸も計算して動けるようにスペースを取りましょう。

image

開口幅は900mmほど確保しましょう。長辺側の開口をフルオープンにすることで、廊下等の隣接空間を動作スペースとして使用できます。

image

出入口のドアを引き戸にすれば、廊下などの行き来もスムーズです。万が一、中で人が倒れてしまっても、引き戸なら扉が開かなくなる心配がありません。
また、開き戸は思ったより力が要るため、引き戸に変更することで力の弱い人でもスムーズに開け閉めできるようになります。

image

各室を結ぶ廊下と室出入口の幅は、車いすが曲がれる内寸を確保することが重要です。
自走式の車いすの場合は850mm以上介助用の車いすの場合、750mm以上が理想です。

image

ドアの操作部が壁ギリギリのところにあると、車いすが近づけず、手が届きません。
車いすの全長と幅を考慮したスペースを確保しましょう。

<参照:LIXIL

引き戸にした場合

トイレを引き戸にして車いすでも出やすい工夫をするにあたり、引き戸のメリットとデメリットについて見てみましょう。

<引き戸のメリット>

○出入りが楽
面積が有効活用できる
開閉のための面積が小さくて済む
狭い場所からの出入りもスムーズ
開け放っておいても風に煽られて閉まることがないので安全
身体をひねらず開閉できるので、車いすでも楽に通り抜けができる

<引き戸のデメリット>

△引き込むスペースが必要
高気密・高断熱・防音などがしにくい
指を詰めてしまうような事故もありえるので注意が必要

引き戸の種類

引き戸には、主に4種類あります。
ご自宅のスペースや構造に合わせて適切なものを選びましょう。

■片引き戸・・・壁に沿って引き開ける
■引き込み戸・・・壁の中に戸を収納する
■引き違い戸・・・2枚以上の戸を左右のいずれかに引いて開閉する
■引き分け戸(両引き戸)・・・両方に引くタイプ

引き戸へのリフォーム

引き戸へリフォームするには、以下のような工程で作業が進められます。
引き戸の種類によって、異なる作業が必要になります。
施工期間は、おおよそ一日で完了する場合がほとんどです。

image

1.古い扉の取り外し
2.新しい引き戸枠の取り付け
3.ブラケット・上レールの取り付け
4.外額縁の取り付け
5.新しい引き戸の取り付け

引き戸へリフォームする際の費用

引き戸へリフォームする際の費用相場は、おおむね10万円前後~”となっています。
引き戸を引くためのスペースがない、ドア枠を外す、周囲の壁を壊す、などの大がかりな工事になると費用も上がります。
車いすの大きさや移動する方向なども関わってくるため、実際に現場を見てからではないと判断が難しい工事です。

バリアフリーリフォームの助成金

介護が必要となった場合のバリアフリー工事は、介護保険により一生涯で20万円まで、その費用の9割が支給されます。要件など詳しくは事前にケアマネージャーに確認しましょう。
<参照:介護保険における住宅改修

また、各自治体などで高齢者住宅改修費支援制度障害者住宅改造費助成制度が用意されていることもあります。助成額はそれぞれ異なりますので、各自治体の相談窓口に事前に相談しましょう。
<参照:全国自治体マップ検索

image

バリアフリーリフォーム業者を一括見積り!

image

バリアフリーリフォーム業者を依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。