水栓交換のタイミングや水栓の取り付け場所と種類は?

image

ご家庭で水を使う時に必要な水栓ですが、水栓は、主にキッチンや浴室、洗濯機用に設置されており、そのどれもが毎日何度も使用する場所です。当然、毎日使用していると水栓も劣化してしまいますので、交換が必要になってきます。では、水栓を交換するタイミングはいつなのでしょうか?水栓の取り付け場所や種類とともにご紹介します。

水栓の交換が必要なタイミング

水栓の寿命は、おおよそ10年程度と言われており、10年経過したら、新しい水栓に交換するほうが望ましいです。部品交換だけすればいいのでは?と思われる人もいらっしゃるかと思いますが、10年も経つと、水栓に使用されている部品が生産終了になっていることもあり、部品を探す手間と労力が必要になります。もちろん、見つからないこともあり得ます。

image

また、壊れた部品だけ交換しても、水栓本体も10年経過しているわけですから、またすぐ別の部品の交換が必要になると考えられます。

10年未満であれば、壊れた部分の部品交換でも良いですが、10年以上経過していたら、水栓本体ごと新しく交換するほうが良いでしょう。

水栓の不具合 ①水漏れ

水栓の不具合で最も多い症状が「水漏れ」です。水栓から水が噴き出してしまうような重度の水漏れも起こるかもしれませんが、そうなる前に、ちょろちょろと水が出る軽度の水漏れ症状が現れているはずですので、この時点で修理をしてしまいましょう。

軽度であれば、ほとんどが、コマやパッキンの劣化が原因として考えられますので、部品の交換で済みます。

image

image

★業者さんに依頼した場合の費用目安
"5,000円~10,000円"程度
★DIYで交換される場合
"100円~300円"程度(部品代のみ)

水栓の不具合 ②レバーハンドルの動きが悪い

水栓のレバーハンドルの動きが悪い場合は、ネジの緩み、中が錆びている、部品が劣化して動かしにくくなっていることが原因と考えられます。

ネジの緩みを調整したり、中のバルブやカートリッジと言われる部品の交換で直る場合もありますが、錆びている場合は、水栓自体の交換が必要です。

image

★業者さんに依頼した場合の費用目安
"8,000円~13,000円"程度
★DIYで交換される場合
"5,000円"程度(部品代のみ)

上記以外の水栓の不具合

水漏れやレバーハンドルの動きが悪い、という水栓の不具合は、使用年数が10年未満で、症状が出てからまだあまり年月が経っていない軽度であれば、部品の交換で改善することも多いですが、「水温調節が出来なくなった」「錆びた水が出てくる」といった症状がある場合は、もはや部品の交換では改善しません。

image

これらの症状は、経年劣化により起こりやすい症状で、水栓の水温調節機能が壊れてしまっていたり、水栓本体が錆びてしまっていたりするため、水栓本体の交換が必要です。場合によっては、水道管の点検も必要になる場合もあり得ます。

水栓の取り付け場所

水栓は、ご自宅の形状や施工時期などによって、取り付け場所が違います。

<壁付けタイプ水栓>

比較的古い住宅によく見られる水栓で、水栓が壁に取り付けられているタイプです。シングルレバーと、2ハンドルのものがあります。水とお湯の給水管との距離は105mm~225mmの間であれば交換可能です。

image

<台付きタイプ水栓>

キッチン天板やステンレスプレートなどの台に取り付けられているタイプの水栓です。こちらも、シングルレバーと、2ハンドルのものがあります。新築住宅では、台付きタイプの水栓がよく採用されています。

image

台付きタイプ水栓には、さらに「ワンホールタイプ」「2ホールタイプ」があります。

image

■ワンホールタイプ
水栓の取り付け穴がひとつのタイプ。キッチンメーカー共通で直径33mm~39mmと決まっていますので、交換する場合は、どのメーカーを採用しても取り付け可能です。

image

■2ホールタイプ
水栓の取り付け穴が二つのタイプ。穴と穴の距離(=取付ピッチ)は、キッチンメーカー共通で203mmと決まっていますので、交換する場合は、どのメーカーを採用しても取り付け可能です。

水栓の種類

image

■シングルレバー
ひとつのレバーを上下左右に動かすことによって、吐水温度と吐水量を調節できるもの

image

■2ハンドル
水とお湯が出るハンドルがそれぞれあり、2つのハンドルで吐水温度と吐水量を調節するもの。

image

古いタイプの住宅は、「単水栓」といって、水かお湯しか出ないタイプの水栓が取り付けられていました。近年では「混合栓」という、水とお湯が一つの水栓の中で混ざって設定した温度で出せるタイプの水栓が主流です。

image

■単水栓
水かお湯しか出ないタイプの水栓

■混合栓
水とお湯が一つの水栓の中で混ざって、設定した温度で出せるタイプの水栓

水栓は、その種類によって、交換・取り付け方法が異なります。まずはご自宅の水栓がどのタイプか見てみましょう。

まとめ

基本的には、現状と同じタイプの水栓の種類にするほうが工事も簡単で取り付けやすいですが、古いタイプの水栓から、最新式の水栓に交換したい場合などは、工事が複雑になる場合もあります。

image

水栓取り付け・交換業者を一括見積り!

image

水栓取り付け・交換業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。