新4K・8K衛星放送の基礎知識|これを読めばスムーズに準備ができますよ!

1. 新4K・8K衛星放送の基礎知識

テレビ

2018年12月からいよいよ「新4K・8K衛星放送」がスタートします。
これは、衛星放送であるBS・CS放送の次世代システムのことで、現時点でBS・CS放送を視聴していない方や、そもそも映らないという方には影響はありません。
いわゆる地デジ(地上デジタル放送)は従来通り視聴できます。

現在BS・CS放送を視聴されている方は、2020年の東京オリンピックを大迫力の美しい映像で見られるようになりますよ!

では最初に、新4K・8K衛星放送の3つの特徴についてご説明します。

特徴1|高解像度

鮮やかなピンクの花

携帯電話からスマートフォンに変更された方はイメージしやすいと思いますが、携帯電話の頃のカメラは暗くて粗い画像しか撮影できませんでした。
iPhoneなどスマートフォンの中でも最新機種になるほど、鮮明に美しい写真が撮影できるように進化していますよね。

それと同じように、新4K・8K衛星放送では、本物と見間違えるほど繊細でリアルな映像を見られるようになります。
具体的な映像解像度と画素数は下記の通りです。

放送映像解像度総画素数
2K
(フルハイビジョン)
1920×1020207万画素
4K3840×2160829万画素
8K7680×43203318万画素

※現在のBS/110度CS放送は2K(フルハイビジョン)放送です。

特徴2|BT.2020広色域

夕陽

「BT.2020」という新しい広色域規格が採用されます。
こちらも実際に目で見る色域に限りなく近い表現が可能になります。

よりリアルで臨場感あふれる映像が見られるので、スポーツや映画鑑賞時には特に映像の進化を感じれらることでしょう。

個人的には、長岡花火大会の生中継や、パラオの海の中を泳ぐ魚の映像を観てみたいです。

特徴3|HDR(ハイダイナミックレンジ)

夜景

HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)という高輝度規格も採用されます。
これにより、実際に目で見る明るさに近い映像を楽しむことが出来ます。

この「HDR」の信号を受信できるのは一般的に「HLG(ハイブリッド・ログ・ガンマ)」と呼ばれる方式の場合で、HLG方式のテレビでないとHDRを受信することが出来ませんので、旧型の4Kテレビの場合は注意が必要です。
最新の4K8Kテレビは対応済みですので心配ありません。

HLG方式HDRの視聴
対応可能
非対応不可
ただしSDR(従来の規格)での視聴可能

2. 新4K・8K衛星放送を視聴するための準備

では、新4K・8K衛星放送を視聴するにはどうすれば良いのでしょうか?
現状のままで対応してくれればよいのですが、実際には必要な機器があります。

2-1. 4Kまたは8Kテレビが必要

新4K・8K衛星放送を視聴するためには4K・8K放送用チューナー内蔵の4Kテレビを購入する必要があります。

8K放送を視聴する場合は8Kテレビの購入が必要になりますが、最高品質の映像が見られる8Kテレビは約100万円程度とまだまだ高価です。

8Kチューナー内蔵テレビ AQUOS|SHARP出典:8Kチューナー内蔵テレビ AQUOS|SHARP
商品価格:100万円前後(70インチの場合)

2-1-1. 4Kテレビ・4K対応テレビ・8K対応テレビをお持ちの方

現在、4Kテレビ・4K対応テレビ・8K対応テレビをお持ちの方は、新4K・8K衛星放送受信用チューナーが必要です。
参照:新4K・8K衛星放送をご覧いただくための準備|Joshin

また、次項でご説明するアンテナ・ブースターも必要になりますのでご注意ください。
新4K・8K衛星放送では放送波が異なるため、現状のままでは視聴できません。

2-2. アンテナ・ブースターが必要

アンテナ

新4K・8K衛星放送では、現状の放送波に加え新たな放送波を増やすことによりチャンネル数が大幅に増えます。
そのため、2つの放送波を受信できるアンテナに交換する必要があります。

現在放送波の送受信方法チャンネル数
BS/110度CS放送右旋円偏波(右旋)で送受信すでにいっぱい

そのため、新4K・8K衛星放送を視聴するためには、新4K・8K衛星放送に対応したアンテナやブースター(高周波用の増幅器)などの機材が新たに必要となります。

次世代放送波の送受信方法チャンネル数
新4K・8K衛星放送右旋に加えて左旋円偏波(左旋)で送受信倍に増やせる

現在、経年劣化や故障などでアンテナの購入をご検討されている方は、新4K・8K衛星放送対応の商品を選んでおくと安心です。
アンテナを変えても従来のBS/110度CS放送は視聴できます。

アンテナの交換は必ず必要になりますが、屋根の上での作業は大変危険ですので専門業者に依頼するようにしてください。
業者に依頼すると、配線交換の必要性なども含めて調査・交換を行ってくれるので安心です。

こちらは地デジ対応アンテナの設置工事の内容ですが、設置方法などのご参考になさってください。
参照:
アンテナ設置工事の内容と費用目安を調べました
アンテナ設置工事/アンテナの選び方についてご紹介!

マンションにお住まいの場合は、管理組合に新4K・8K衛星放送の対応についてお問い合わせください。

3. 新4K・8K衛星放送に関する疑問を解決!

Q&A

3-1. 地デジ放送はどうなる?

新4K・8K衛星放送は、現状のBS/110度CS放送に新たに加わる放送なので、地デジ放送はそのまま視聴することが出来ます。

2011年の地デジ化の記憶も新しいので混乱しますが、今回は全ての機器の買い替えをしなくてもテレビは引き続き視聴できます。

3-2. チャンネル全てが4K・8K対応?

新4K・8K衛星放送で見られる4K・8K放送のチャンネルは、実はすべての放送局が対応しているわけではありません。
特に8K放送は、2018年12月スタート時点で対応しているのはNHKのみです。

4K・8K放送のチャンネルは今後増えていく可能性はありますが、現時点で決定している放送局は下記をご参照ください。
参照:新4K8K衛星放送に参入する事業者|総務省

3-3. ホームシアターはどうなる?

現在ホームシアターで映画などを楽しまれている方は、新4K・8K衛星放送に移行しても音声フォーマットに変更はありませんので、現行のままお楽しみいただけます。

ぜひ4K・8Kの高品質映像で鑑賞したい!という方は、 4Kテレビや8Kテレビを購入してご堪能ください。

ホームシアターをまだ導入されていない方は、新4K・8K衛星放送のスタートを機にご自宅に設置してみませんか?
大迫力の映像を楽しむことができますよ!
参照:ホームシアターの設置費用を大公開!お手頃価格から最高クラスまでプランニングしてみました

3-4. 現在の放送やDVD/ブルーレイも綺麗に見える?

DVDやブルーレイを鑑賞されていた方は、現在の映像を高精彩な画質に変換して再生できる機能付き4Kテレビ・4K対応テレビであれば、4K品質での視聴が可能です。
参照:4Kテレビ ビエラ|Panasonic

新4K・8K衛星放送の基礎知識まとめ

新4K・8K衛星放送を視聴するためには必要機器の購入など準備が必要ですが、今後4K・8Kテレビの価格も下がってくると予想されますし、放送チャンネルも拡大されていくことでしょう。
今から新4K・8K衛星放送の基礎知識を身につけて、次世代テレビ放送を楽しみましょう!

image

新4K・8K衛星放送対応アンテナ設置をお得にするには?

業者

新4K・8K衛星放送対応アンテナ設置をお得にするには一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
新4K・8K衛星放送が始まると一斉に施工依頼が増えて順番待ちになってしまう可能性もあります。
事前に複数見積もりをとっておくとスムーズに設置工事が出来てお得ですよ!

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。